代表写真

夫婦でアットホームな
雰囲気でやってます。
Profileへどうぞ

一級建築士事務所 KANO空感設計 KANo cooKAN design

〒444-2117   愛知県
岡崎市百々西町 13-13

TEL  0564-26-3051
FAX 0564-26-3059

住宅・集合住宅・別荘
店舗・事務所・医院等
企 画・設 計・監 理

Contact / ご相談・お問合せ

愛知県内の古建築や近代建築物等の国登録有形文化財の特別公開 豊田市見学 その3 「旧井上家西洋館」

前回のブログの続きです。次の見学先の「豊田市民芸館」へ。

ここは、矢作川勘八峡の眺めが美しい広大な敷地内に複数の展示建物等が点在しています。

そのうち、登録有形文化財は、「旧井上家西洋館」です。

b0140276_10223432.jpg

豊田市内に現存する唯一の明治の洋館です。

b0140276_10222021.jpg

明治10年代に名古屋で開催された博覧会の貴賓館として建造され、その後名古屋市内で銀行(現在の愛知銀行)として移築され、その後、豊田市内の農場迎賓館として移築され、住宅として改築された時期を経て、最後に、この地に銀行時代の建築として復元移築したものです。

b0140276_10222676.jpg

和用折衷の建物で、屋根は和小屋組で和瓦葺きです。外壁は下見板張で洋風ですが、1階窓には和風の縦格子があります。
2階の2面に野菜のカブをモチーフにした、かわいいデザイン窓があります。カブは株が上がるに通じることから縁起のいい野菜です。

b0140276_10223012.jpg
銀行だった時代には、銀行としてはかなり、こじんまりとした建物で、部屋数が少なく、部屋も小さいです。執務室。
イスや家具などの調度類はいいものです。
b0140276_11253351.jpg
2階へ上がる階段。かなり急です。
b0140276_11220412.jpg
2階の応接室。
b0140276_11273338.jpg
窓は開けられませんが、バルコニーが見えます。窓は日本では開き窓の場合、外開きが普通ですが、西洋スタイルの内開きになっているそうです。
b0140276_11263318.jpg
ベランダの柱頭の植物文様デザイン。軒天は菱組天井です。明治村の三重県庁舎でも同様なものが見られるそうです。(明治村は最近では4年前に行きました 明治村については過去ブログ 明治村見学その1~5
b0140276_11270380.jpg
支店長室。
b0140276_11280220.jpg
天井のレリーフは漆喰かと思いきや、鋼板の型押しに塗装だそうです。
b0140276_11260259.jpg
次回ブログは、次の見学先 豊田民芸館敷地内の「第13民芸館 他」です。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-09 09:58 | 建築見学・観光旅行
愛知県内の古建築や近代建築物等の国登録有形文化財の特別公開 豊田市見学 その2 「豊田市近代の産業とくらし発見館(旧・愛知県蚕業取締所第九支所)」
前回のブログの続きです。次の見学先「豊田市近代の産業とくらし発見館(旧・愛知県蚕業取締所第九支所)」へ。
b0140276_00430569.jpg
この建物は、豊田市最古の鉄筋コンクリート造(屋根は木造 大正10年)で、かつて、豊田市が挙母町と呼ばれていた養蚕がさかんな時代に建てられた、蚕業取締所です。
鉄筋コンクリート造に石張りの門。
b0140276_00431460.jpg
全体に、和洋折衷のデザインがされており、玄関庇は和の寺院建築に見られるデザインを鉄筋コンクリート造で表現されています。
b0140276_00432061.jpg

建物の外構には、鬼瓦(前回ブログで書いたように豊田市には瓦産地がありました)やガラ紡機工場の水車を再利用したオブジェ作品が展示されています。
ガラ紡機とは、ガラガラと音を立てて、綿から糸を紡ぎだす機械のことです。かつて特に西三河全域でさかんな産業で、豊田市では松平に最多の工場がありました。
b0140276_00425711.jpg

内部の廊下の天井は白い板張り。
b0140276_00511588.jpg

当時の写真。コの字型の平面をしています。
b0140276_00512485.jpg

展示室の天井にある鉄骨やブレースは最近、耐震補強で入れたものです。
b0140276_00512198.jpg

ガラ紡機を動かす水車。
b0140276_01123212.jpg

ガラ紡機。
b0140276_01123973.jpg

展示は、かつて栄えた養蚕業、製瓦業、猿投窯やころも焼の陶器産業、磨砂採掘、県下最大のバス会社だった尾三バス、枝下用水や挙母町や挙母市時代の町の様子など、見応えがあり、知らないことがたくさんあって発見の連続でした。
b0140276_01122368.jpg

現在、トヨタ元町工場のある場所は民間人の開発した飛行場でした。
b0140276_01121700.jpg

前回ブログで書いた、喜楽亭や豊田産業文化センターのあった場所には、大きな製糸工場がありました。
b0140276_01124374.jpg

次回ブログは、次の見学先「豊田市民芸館」です。



[PR]
# by kano-cd | 2017-11-08 01:28 | 建築見学・観光旅行
愛知県内の古建築や近代建築物等の国登録有形文化財の特別公開 豊田市見学 その1 「喜楽亭」

先月と今月、愛知県内の古建築や近代建築物等の国登録有形文化財の特別公開が各地で開催されています。詳しくは、愛知登文会のホームページへ。

114日の豊田市を見学してきました。

3つの登録有形文化財を見学した後、他にもいろいろ見学し、豊田市のことを深く知ることができました。

b0140276_23441497.jpg

新豊田駅近くの豊田産業文化センター隣に建つ、明治時代後期から続いた料理旅館「喜楽亭」へ。

屋根の鬼瓦が重厚でありながら、繊細な彫塑が見応えあります。

b0140276_23444463.jpg
喜楽の文字が見えます。

豊田市にはかつて瓦産地があり、そこで焼いたものです。

b0140276_23473028.jpg

広縁の巨大な沓脱石から素敵な和庭園に出られます。

b0140276_23480482.jpg
b0140276_23483456.jpg
玄関正面の飾り障子
b0140276_23465944.jpg
b0140276_00011924.jpg
1階の床の間 角型の竹の床柱が珍しいです。落とし掛けは自然の曲り木を利用しています。
b0140276_00035970.jpg
b0140276_00062207.jpg
この建物にはいろんなところに、ひし形のモチーフデザインが見られます。広縁側の飾り障子のデザインが独特です。
b0140276_00105827.jpg
和室側から見たところ。
b0140276_00112839.jpg
きれいなデザインの浴室のタイル。
b0140276_00115863.jpg
中庭脇の階段で2階へ。手摺のデザインも凝っています。
b0140276_00125834.jpg
2階には8畳間が3つ並んでいて、各々に趣向の違う床の間があります。
b0140276_00122801.jpg
次回ブログは、次の見学先「豊田市近代の産業とくらし発見館(旧・愛知県蚕業取締所第九支所)」です。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-07 23:40 | 建築見学・観光旅行
多治見市のモザイクタイルミュージアム見学 その5
前回のブログの続きです。
4階を見た後は、また、暗い階段をおりて、3階、2階の展示を見て、1階までおりていきます。
3階では、笠原町のモザイクタイルの歴史や製造方法などが展示されています。
2階は現代の様々なモザイクタイルが展示されています。
b0140276_00341835.jpg
2,3階の硬い紙に貼られた新旧のタイルサンプル帳がありました。
KANO空感設計では、お施主様との打ち合わせで、タイルを選ぶ時に、タイルサンプル帳をお見せしたり、タイルのショールームに行くので見慣れたものです。
b0140276_00344794.jpg
1階受付脇にはモザイクタイル張りの車が展示されてます。
先月22日まで行われていた、国際陶磁器フェスティバル美濃’17のメイン会場であるセラミックパークMINO(多治見市東町)でも以前、見たことがあります。
b0140276_00392175.jpg
ミュージアムショップのかわいい小さな窓越しにミュージアムへのアプローチ空間でもある柴庭が見えます。
b0140276_00385069.jpg
ワークショップ(自作モザイクタイル作品作りコーナー)があります。たくさんのモザイクるタイルを自由に選んで、フォトフレーム等に張り付けたりしてオリジナル作品を作れます。
b0140276_00382197.jpg
今回は時間がなかったので、体験しませんでしたが、子供たちと一緒に来ると楽しそうです。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-05 00:29 | 建築見学・観光旅行
多治見市のモザイクタイルミュージアム見学 その4
前回のブログの続きです。
暗い階段を上りきって4階にたどりつくと、突然今度は明るい真っ白な空間に出ます。床・壁・天井や手摺壁の全てに小さな白いモザイクタイルが張られています。
b0140276_23530478.jpg
このあたりのメリハリを利かせた空間演出はさすが、異色の建築家 藤森照信さんの設計です。
b0140276_23530926.jpg
左官コテで縁取られたモザイクタイル壁画。
b0140276_00005119.jpg
ノスタルジーを感じさせる、モザイクタイル張りの、かまどや、流し。
b0140276_00030221.jpg
b0140276_00042624.jpg
イスやテーブルもモザイクタイル張りです。
b0140276_00054274.jpg
この壁面の魚たちもモザイクタイルなんです。
b0140276_00071447.jpg
前々回ブログで、ミュージアムの模型写真をお見せしましたが、屋根にあいていた大きな穴がこれです。4階は実は外部空間だったのです。
なので、雨が降れば濡れます。壁脇の見えにくいところに雨水排水溝があるのを見つけました。
b0140276_00123147.jpg
藤森さんがモザイクタイルすだれと呼ぶように、ワイヤーにモザイクタイルが張ってあります。カラフルで形も様々できれいです。
b0140276_00122607.jpg
次回に続く。

[PR]
# by kano-cd | 2017-11-04 23:48 | 建築見学・観光旅行
多治見市のモザイクタイルミュージアム見学 その3
前回のブログの続きです。モザイクタイルミュージアムの館内は一部を除き写真撮影OKです。
インスタ映えするので、みなさん写真を撮ってました。SNSでバンバン投稿しちゃいましょう。
昨年オープンし、早くも来館者が20万人突破です。予測の4~5倍だそうで大人気です。入館料は300円と安いです。
ミュージアムでは、見るだけでなく、たくさんの種類のモザイクタイルを自分で選んで、フォトフレームなどの手作り作品を作れるコーナーもあり、楽しいと思います。
ミュージアムのある多治見市や土岐市や瑞浪市や瀬戸市周辺にたくさんの人が来てくれれば、地域活性化につながり、タイルだけでなく、美濃焼や瀬戸焼の需要も高まり、地場産業の振興につながります。
車で来るのが便利な場所です。土岐プレミアムアウトレットがすぐ近くにある土岐南多治見ICやせと品野ICが最寄のICです。(電車では多治見駅からバス)

館内の受付カウンター。内壁面はストライプ状にタイルと白い塗り壁です。奥に見えるのは車にモザイクタイルが張ってあります。
b0140276_23322836.jpg
b0140276_23370848.jpg
エントランスをふりかえったところ。右の戸がエントランスの風除室の木製自動ドア。左のアーチ開口をくぐって展示スペースへ向かいます。
b0140276_23350410.jpg
明るいホールから一転、暗い趣のある塗り壁で仕上げられた階段空間を上がっていきます。

b0140276_23374155.jpg
階段を折れ曲がるとトップライト(天窓)の光で演出されたニッチスペースがありました。
b0140276_23394399.jpg
受付で、4階から見るように言われましたので、長い階段を光をめざして登っていきます。
b0140276_23431307.jpg
階段の足元のフットライトも塗り壁でカバーして間接照明化してありました。
b0140276_23433790.jpg
手摺の端にモザイクタイルが埋め込まれていて、芸が細かいなあ(笑)
b0140276_23434475.jpg
次回に続く。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-03 22:43 | 建築見学・観光旅行
多治見市のモザイクタイルミュージアム見学 その2

前回ブログの続きです。館内にはモザイクタイルミュージアムの模型がありました。

b0140276_21584298.jpg
既存のアゼリアホールの広場がミュージアム前に広がっています。周囲は、消防署がある他は、古くからの民家が建ち並んでいますので、ボリューム感を抑えるためにも、周囲をマウンド上に盛り上げてコマザサで植栽し、すり鉢状に、エントランスに向かっておりていくというアプローチになっているのかなと思いました。
八角形屋根のトイレ棟が手前にあるのですが、せっかくなので、もっと本体にデザインや質感を合わせてほしかったなと思いました。

b0140276_22133234.jpg
屋根に開けられた大きな穴。これについては次回ブログで書きますが、このミュージアムの展示上の大きな役割を果たしています。

b0140276_22145160.jpg
裏側(西側)は表側(東側)のインパクトの強さに比べ、いかにも、「裏的」なかんじでちょっとつまんないかんじで、残念です。
b0140276_22152226.jpg
次回に続く。

[PR]
# by kano-cd | 2017-11-02 22:05 | 建築見学・観光旅行
多治見市のモザイクタイルミュージアム見学 その2

前回ブログの続きです。館内にはモザイクタイルミュージアムの模型がありました。

b0140276_21584298.jpg
既存のアゼリアホールの広場がミュージアム前に広がっています。周囲は、消防署がある他は、古くからの民家が建ち並んでいますので、ボリューム感を抑えるためにも、周囲をマウンド上に盛り上げてコマザサで植栽し、すり鉢状に、エントランスに向かっておりていくというアプローチになっているのかなと思いました。
八角形屋根のトイレ棟が手前にあるのですが、せっかくなので、もっと本体にデザインや質感を合わせてほしかったなと思いました。

b0140276_22133234.jpg
屋根に開けられた大きな穴。これについては次回ブログで書きますが、このミュージアムの展示上の大きな役割を果たしています。

b0140276_22145160.jpg
裏側(西側)は表側(東側)のインパクトの強さに比べ、いかにも、「裏的」なかんじでちょっとつまんないかんじで、残念です。
b0140276_22152226.jpg
次回に続く。

[PR]
# by kano-cd | 2017-11-02 22:05 | 建築見学・観光旅行
多治見市のモザイクタイルミュージアム見学 その1
多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアムを見学しました。
昨年オープンし、建築関係者に話題の建築作品です。
ほのぼのした雰囲気を感じさせるような不思議的で、見たことのないような作風で有名な建築家・建築史家の藤森照信さん(東大名誉教授)の設計です。
一般の方たちにも、インスタ映えすると、特に若い女性たちに人気のスポットになっています。
この日も平日にもかかわらず、多くの若い女性グループやカップルたちが大勢来ていました。
b0140276_21294426.jpg
藤森さんの作品は、あいちトリエンナーレ2013の白川公園会場の野外作品「空飛ぶ泥舟」でも人気が高かったです。
真っ白い床に、靴を脱いで巨大な絵画作品を鑑賞する展示室のある、浜松市の秋野不矩美術館も見に行ったことがあります。
b0140276_21310018.jpg
笠原町は、私が生まれた土岐市の隣町であり、実家のある多治見市と10年前に合併した、タイル生産量日本一の町です。
タイルの大量生産を開始する前は、美濃焼の茶碗つくりをメインにしていた町です。
モザイクタイルとは、多くの種類のタイルの中でも、比較的小さなタイルのことをさします。
b0140276_21315493.jpg
ミュージアムの外観は、巨大な壁なんだけど、威圧感がなく、ほっこりとした気持ちになります。
まるっこい壁面形状や屋根のへりに並べて植えられた樹木や、前面のすりばち状の芝生のランドスケープがそう感じさせます。
b0140276_21352637.jpg
左官コテさばきをあらわした土壁風塗り壁材に、モザイクタイルや茶碗の破片等が埋め込まれていて、楽しげで、太陽光が反射してきらきら輝いていました。
b0140276_21324469.jpg
玄関庇が外壁のファサードの形状と同じ雲マークです。規模の大きな美術館のわりに、こじんまりとしたエントランスや照明がかわいさを感じさせます。
b0140276_21342274.jpg
次回に続く。



[PR]
# by kano-cd | 2017-11-01 21:43 | 建築見学・観光旅行
愛知県内の古建築や近代建築物等の国登録有形文化財の特別公開が開催されます
昨年も行きましたが、今年も愛知県内各所において、古建築や近代建築物等の国登録有形文化財(建築物)の特別公開が開催されます。
今年で4回目です。昨年初めて行きましたが、人気は高いようで、たくさんの見学者がいました。
建築関係者だけでなく、一般の方のほうが多いように感じました。
11月4日は、岡崎と豊田で開催があります。
10月29日の犬山市をかわきりに、各地域で日にち限定で、めったに内部を見られない、貴重な建築物が特別公開されます。
解説よる説明の時間が決まっている建物はその時間に行ったほうが、より理解が深まるのでおすすめです。
詳しくは、愛知登文会のホームページへ。http://www.aichi-tobunkai.org/
11月4日  西三河:岡崎・豊田
11月11日  知多
1月12日  東三河:豊橋・豊川・新城
11月18日  名古屋
11月23日  尾張

ちなみに昨年は、岡崎、豊川、豊橋、名古屋を見学しました。
昨年の岡崎では、八丁味噌のカクキューの事務所棟(味噌蔵を見学した人は多いと思いますが、普段はこの独特な外観デザインの事務所棟へは入れません。それがこの日は入れるのです!)
b0140276_16413136.jpg
岡崎信用金庫資料館(旧岡崎銀行本店 赤レンガの近代建築 私の母校名工大の前身である名古屋高等工業学校の鈴木禎次教授が設計)
b0140276_16413613.jpg
善立寺(松平家・家康公ゆかりの寺 本堂では宮大工の大工道具の展示もあり、説明してもらいました 天井デザインが特異)
b0140276_16431914.jpg
旧愛知県岡崎師範学校武道場(愛教大付属小学校内にあり、初めて校内に入りました)
b0140276_16412417.jpg
を見学しました。
今年もこれらに加え、旧本多忠次邸(岡崎東公園内 徳川四天王の本多忠勝の子孫の移築洋館 メーンロードから見えます)
旧愛知県第二尋常中学校(現在の岡崎高校)講堂(針崎町 JR岡崎駅近く) 
旧石原邸(昨年のあいちトリエンナーレ2016の岡崎会場のひとつ 江戸時代の古民家 市民会館近く)
b0140276_17033993.jpg
も公開されます。


[PR]
# by kano-cd | 2017-10-25 17:06 | 建築見学・観光旅行
カテゴリ
事務所名に込めた思い
ブログ名に込めた思い
うちの事務所のこと
住宅計画
ホームページのこと
省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱
床下エアコン(床下暖房)
住宅
建築
「備える家/岡崎」
「通じる家/岡崎」
「平安光縁の家/幸田」
「大屋根中庭の家/岡崎」
「ダブルLハウス/岡崎」
「通る家/岡崎」
「つながる家/岡崎」
「集まる家/刈谷」
「ホワイトアクア/西尾」
「囲む家/安城」
「大屋根光庭の家/蒲郡」
「回廊の家/岡崎」
「元氣の家/豊川」
「自作自然の家/岡崎」
「空縁の家/豊橋」
「下山の光庭の家」
「刈谷の懐/廻の家」
「ダブルゲートハウス」
「星崎の宝箱の家」
「ツカズハナレズのHANARE」
「暮らせる蔵」
「南欧モダンの白い家」
店舗
「(仮称)Jカフェ」
リフォーム
「土岐の家リフォーム」
外構・庭
「広々デッキと斜め芝庭/岡崎」
コープ生協提携建築士
環境
建築材料
構造・地震
インスペクション(現況検査)
設備
インテリア
バリアフリー
建築家
建築見学・観光旅行
時事
ファミリー
プライベート
アート
野球・サッカー
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧