代表写真

夫婦でアットホームな
雰囲気でやってます。
Profileへどうぞ

一級建築士事務所 KANO空感設計 KANo cooKAN design

〒444-2117   愛知県
岡崎市百々西町 13-13

TEL  0564-26-3051
FAX 0564-26-3059

住宅・集合住宅・別荘
店舗・事務所・医院等
企 画・設 計・監 理

Contact / ご相談・お問合せ

ブログタイトルの意味
ブログタイトル「KANO空感設計のあすまい空感日記」をこのページの上に追記しました。

「あすまい」って何だろうと思っていらっしゃった方、ようやく分かりましたね。

「あすまい」は私達が考えて創った造語です。

 明日  の  私の    住まい
 あす     my=マイ  すまい

「明日(あす)」には「未来」や「新しい」、「革新的」という意味もあり、そんな建築を創りたいという意味をこめています。

「私の」とは、当然「建主、お施主さん」のことです。通常は家族ですから「私たちの=our」と複数形にすべきでしょうが・・・、「私たちを=us(あす)」とこじつけて考えてください・・・苦しい!
このブログも私達だけでなく、コメントも受け付けており、みなさんで創り上げて情報を共有していくブログにしたいです。

「住まい」は当然、「家」ですが、「家」という言葉と「住まい」という言葉のニュアンスの違いを考えて使っています。「家」は単なる箱・物体という感じがします。
「住まい」は人や家族が暮らして、初めて成り立つものという感じがします。
人の住んでいない「空き家(や)」という言葉はあっても「空き住まい」という言葉はないですね。
ただHPやブログの文中では、文章を簡潔にするため、「家」も使っていきます。

また、「あすまい」はA sumai とも書けます。「えーすまい」=いい住まい Aランクの住まいです。

A sumai=この世でたった1つの住まい、オンリーワンの自分達だけのオリジナルな住まいという意味もあります。

「あすまい」は、2002年設立のKAN建築設計から、事務所名変更する際の候補の一つでした。
「あすまい設計」とか。こうしてブログの名前として残りました。

「空感日記」という言葉は、「こうかん日記」の語感と似ているので、ブログを見てくださっている方とのコメントをいただいて情報交換とする日記という意味も込められています。
「日記」とタイトルに付いているので、毎日書かなきゃという、自分達へのプレッシャーを与えるため?でもあります・・・。(毎日書けないことも、たまにはあるのですが・・・)
これからもがんばって毎日ブログを書いていきますので、よろしくお願いします。
[PR]
# by kano-cd | 2008-05-16 09:55 | ブログ名に込めた思い
中国四川大地震その2
中国四川大地震の報道が続いていますが、「おから工事」という言葉を知りました。

公共施設等工事の建築品質がまるで豆腐のおからのようだと形容した造語で、1990年代初めに、当時の朱鎔基首相がずさんな建築プロジェクトを批判する際に初めて使われたと言います。

学校や病院などの公共施設が数多く倒壊するなど、日本では考えられない事態です。(阪神大震災でも、聞いていません)
日本の公共建築物は住民の避難先となることが多いので、一般建築物よりも、安全に作られているからです。(建築基準法の1.5倍等の耐震基準になっています)

中国でも、当然、建築基準法があるのですが、ワイロや利己主義の社会ゆえ、建設予算を10とすると、実際建設に使われる費用は2とのことです。残りが自分のふところに入るよう官僚や施工者達は考えるのです。自分さえ儲かれば他人のことなどしったこっちゃないという、毒食品や毒おもちゃなどに通じる考えが蔓延しているようです。
そんな建設費では、使われる材料は低品質で、施工もまたしかりです。

日本でも昨今、耐震偽装という言葉が世間をにぎわしましたが、かの国ではそれが常識で話題にもならないそうです。
日本は耐震偽装を契機に建築基準法が大幅に改正されましたが、これを機に中国も改善されることを願います。法は作るだけではだめで、厳格な運用が重要なのです。
そうしないと怖くて、中国へ行けないと思う人が増えるのでは。
(中国本土は行ったことないですが、返還前の香港には旅行で行きました)
[PR]
# by kano-cd | 2008-05-15 15:34 | 構造・地震
中国四川大地震その1
中国の四川省で大規模な地震が発生しましたね。
民家だけでなく、多くの学校や病院、工場が倒壊し、多くの人がいまだ生き埋めになっています。死者も現在12,000人とのことですが、最終的には数倍になると思います。ご冥福を祈るとともに、一刻も早い救出を願います。

中国の民家は日本のように木造軸組造(柱と梁(横に掛ける材)で作られる骨組み構造)ではなく、ヨーロッパと同じく、レンガを積み重ねる組石造(そせきぞう)が大半です。
なので、地震にもろくも崩れ去ってしまったのです。

歴史ある日本文化は、中国を経て伝わったものが、日本化されたものが多いですが、住宅はそうなりませんでした。高温多湿で木が多い気候風土が日本の民家を創り出したのです。
中国は下足のまま、イス座で、日本は靴を脱ぎ、床座という違いもあります。
韓国は日本と同じです。
日本と中国は似ているようで、住生活は大きな違いがあり、むしろヨーロッパと似ているのです。

阪神大震災との違いはTVで見る限り、大規模火災が発生していないことでしょう。
木造家屋は倒壊した時に着火しやすく、阪神大震災では大火災が起きました。
中国では反面、重いレンガが崩れた瓦礫に閉じ込められ、脱出が難しいと思われます。

改めて、家は地震に対する備えが不可欠との思いをいっそう強くしました。家を建てる目的は家族と財産を守ることが基本です。
[PR]
# by kano-cd | 2008-05-14 16:46 | 構造・地震
蒲郡の竹島へ行ってきました
蒲郡のギャラリーを後にして、竹島へ行ってきました。
蒲郡には何度も行ってるのですが、竹島へ「上陸」するのはなぜか、初めてでした。天気は曇りで、小雨が降るかなというくらい、あまり良くはなかったですが、観光客はたくさんいました。さすが、三河を代表する観光地です。

さっそく浜に下りて、子供たちは持ってきた、タモ(網)で何かつかまえようとしましたが、水はきれいですが、ワカメ?だらけで何も見つかりません。イソギンチャクが岩場にいっぱい張り付いていて、押すと水がプシュと飛び出るのが、面白く、子供たちは何度もやっていました。
写真は蒲郡プリンスホテルを背景に写る、下の子
b0140276_1045736.jpg


島を一周する遊歩道があったので、途中途中で浜に降りながら、一周しました。途中で遊歩道が途切れ、岩場を歩かなくてはいけないスリリングなところもありました。
岬では、三河湾の島々や渥美半島がぐるりと見渡せました。晴れていればもっと良かったと思います。

竹島には竹は生えていないようなのになぜ「竹」島なのか。名前の由来は蒲郡を開拓した藤原俊成が琵琶湖の竹生島から島にある八百富神社を勧請したことによるそうです。知りませんでした。


橋を渡って再び「本土」に戻ると、広い芝生広場がありました。


b0140276_1054492.jpg

数年前に来た時は、たこのすべり台がある、ただの児童公園だった所です。俊成苑と名づけられ、1年前に開園されていたのです。ここで、サッカーや鬼ごっこをして遊びました。浜風を感じながら遊べ、竹島を望めるいい公園になりました。
[PR]
# by kano-cd | 2008-05-12 11:00 | ファミリー
「工房塩津村と木の仲間たち展」へ行ってきました
土曜日のブログで紹介した、「工房塩津村と木の仲間たち展」へ家族で行ってきました。会場は蒲郡ジャスコの近くで、すぐ分かると思ったんですが、外観がいかにも倉庫!なので、気づかず、前を通りすぎてしまいました。
会場前に案内板があったので、かろうじてギャラリーと分かりました。
b0140276_1001120.jpg



入り口にあったイス
b0140276_1025914.jpg

内部は一転、デザイン障子やわらすさの入ったような左官壁を使った趣のある和モダンな空間で、外部とのイメージのギャップにちょっと驚きました。

森さんの他10人の全国(東京の方も)の木工家(家具だけでなく、端置きやトレーなど小物もみさなん創っています)の展示がありました。
自分にとっては好きな雰囲気の作品群なので、みごたえはありました。
奥にはコーヒーなども飲めるようなカウンターに関係者(作家さんと思われました)たちがいらっしゃったので、声を掛けてみましたが、森さんは不在で、後で来るかもしれないとのことでした。(連絡なしで行ったのだから会えなくても当然です。名刺を置いていったので、後でメールをいただきました。)
森さんの作品はこちら
b0140276_1012147.jpg

イスというのは当然、座ってみないと良さが分からないものです。いいイスは自分の体と一体のように感じる心地いい居心地(すわり心地がいいのはもちろん)を味わえます。
木はやはり人の心をつかむ不思議な力があります。
「休む」という漢字をにんべん(人)に木と書くのも、古代から、人間が木に対して安らぎを感じていたからなのでしょう。

事務所でコーヒーを出す時に使おうと、タモ材のトレー(お盆)とメモ挟みを買いました。
b0140276_13181822.jpg

[PR]
# by kano-cd | 2008-05-12 10:25 | インテリア
子供部屋のあり方を考える
毎朝、Webでニュースを見るのが日課になっていますが、今朝、住宅の子供部屋に関する話題がありましたので、取り上げます。情報ソースはgooニュースです。
<子ども部屋>親子の信頼築く子ども部屋を

私達のHPのコンセプト/3 子供がのびのび育つ家でも書いたように、気配を感じさせ、こもらせないような子供部屋のあり方が提案されています。

家はただそこで、寝食し、暮らすためだけの「空」ではありません。
家族の絆や子供の健全な心や頭を育て、お互いをじる「空」なのです。
これは私達の事務所名をKANO空設計とした理由の一つです。
[PR]
# by kano-cd | 2008-05-12 09:51 | 住宅
工房塩津村と木の仲間たち展開催のお知らせ
岡崎市生平町(市東部の山中)の創作家具作家の森明宏さんから「工房塩津村と木の仲間たち展」の案内冊子が届きました。5/10~5/20まで 蒲郡市竹谷町東作間35-1の工房塩津村にて
森さんは、木の木目やくせを読み取って生かす木のアーティストです。HPはこちら
http://homepage2.nifty.com/morikobo/

以前、工房や展示ギャラリーに伺ってお会いしたことがあります。静岡大学を卒業し、大手メーカーに就職するも、自分のやりたいことと違う!と一転、家具創作の道に入った異色の人です。作家にありがちな気難しさがなく、話しやすい気さくな人でした。
工房を訪れた時に撮った写真がこちら
b0140276_10291799.jpg


田原の大屋根の家」の工事中に、家で使うイスを探して、森さんの作品が展示されている作品展にお施主さんと一緒に行ったことがあります。条件に合わず、採用されませんでしたが。
特に和モダンの家によく合う家具だと思います。
イスやテーブルは「買う」だけでなく、こうして家具作家に「この家に合う家具をオリジナルデザインで創ってほしい」と依頼することも可能なのです。いつかイスやテーブルなどをオリジナルデザインで設計して、家具作家に創ってもらいたいと思っています。(造作家具はいつも設計していますが)
[PR]
# by kano-cd | 2008-05-10 10:34 | インテリア
yahoo!に登録されました
昨日yahoo!に登録されました。yahoo!などで「設計事務所 愛知」や「設計事務所 岡崎」で検索すると、まだ、上位にはアップしません。HPの更新や相互リンクを張ったり、ブログをまめにやって、がんばって上げて行こうと思ってます。

HPを見たと大阪の国際企画という会社から電話がありました。銀行とかに置いてある「国際グラフ」という雑誌を出版している会社で、タレントとのインタビューの記事を掲載しないかというものでした。タレントというのがプロ野球元巨人の角投手と聞いて、アンチ巨人の私としては拒絶反応が出てしまい、思わず断ってしまいました。
角さんと握手している写真が掲載されて、「この人は巨人ファンなんだ」なんて思われるのもなんか・・・だし。(そんなこと思わないか)
角さん自身は自分も大昔は巨人ファン(王選手のホームランや子供雑誌やTVの侍ジャイアンツに洗脳されました)だったので、現役の時の記憶はうっすらあるし、今もタレントとして活動しているのは知っていて、嫌いではないのですが。

今の威張りくさっていて、ルールを自球団に都合のいいよう変えたり、他球団から選手を大金で引き抜く球団体質が嫌いなので・・・。
そんな球団をドラゴンズが今日からの三連戦で勝ってくれると非常にうれしいです。
巨人ファンの人見てたらごめんなさい!
ちなみに阪神はドラゴンズの次に好きです。阪神が絶好調すぎて、現在2位のドラゴンズがなかなか追いつけません。
[PR]
# by kano-cd | 2008-05-09 12:03 | 野球・サッカー
ホームページ開設メールへのご返事ありがとうございます
ホームページを開設した5月2日や翌3日に関係各位や友人等に事務所名変更(事務所名変更をお知らせしていなかった方)及びHP開設のお知らせメールを送らせていただいていたんですが、たくさんのお返事及びお祝いメールをいただきました。
感謝しております。メールをいただいた方にはすぐに返事をさせていただきました。

全般に「すっきりして見やすい。」「内容が濃い。」「人柄が表れている。」など好評だったので、ほっとしています。
また、施主様からトップページのレイアウトが崩れているところを指摘していただき、さっそく直しました。大変ありがたいです。

万一、レイアウトのずれや誤字、脱字等を見つけた方は、お手数ですが、お知らせいただくとありがたいです。
[PR]
# by kano-cd | 2008-05-07 17:41 | ホームページのこと
ゴールデンウィーク
ゴールデンウィーク最終日ですが、みなさんいかがお過ごしですか。

5月4日は天気もよく、気持ちいい日でした。
私たち家族は土岐のおじさんの家で、毎年恒例のバーベキューをこの時期と夏に親戚で行っているので、行ってきました。親戚の人数が多く、いとこの子供たちもたくさん来て、大賑わいです。お手製の五平餅ややまめの塩焼きも食べました。近くの川に入ってカニを取ったり、流しソーメンをしたり、楽しかったです。
その日は上の子の子供会のソフトボールの初めての練習があるので、つきそいに行きました。
キャッチボールもしたことがなく、また買ったばかりのグローブなので、硬くて、うまく球がとれませんでしたが、友達も来ていたので、楽しそうでした。
夜は、義兄夫婦が名古屋から帰っていたので、じいちゃんばあちゃん達と食事に行きました。
大忙しの一日でした。

5月5日は雨のち曇りで、出かけるのもためらうような日でしたが、昼から、中央総合公園で開催されているファミリーフェスタへ行きました。こども映画会やミニSLや消防車が来て、楽しいイベントなので、毎年行っています。僕は上の子と映画を見ました。昨日の疲れか、眠くて、眠くて・・・。

今日5月6日は他の人より一足早く、仕事はじめです。
[PR]
# by kano-cd | 2008-05-06 10:08 | ファミリー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
事務所名に込めた思い
ブログ名に込めた思い
うちの事務所のこと
住宅計画
ホームページのこと
省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱
床下エアコン(床下暖房)
住宅
建築
「平安光縁の家/幸田」
「通じる家/岡崎」
「大屋根中庭の家/岡崎」
「ダブルLハウス/岡崎」
「通る家/岡崎」
「つながる家/岡崎」
「集まる家/刈谷」
「ホワイトアクア/西尾」
「囲む家/安城」
「大屋根光庭の家/蒲郡」
「回廊の家/岡崎」
「元氣の家/豊川」
「自作自然の家/岡崎」
「空縁の家/豊橋」
「下山の光庭の家」
「刈谷の懐/廻の家」
「ダブルゲートハウス」
「星崎の宝箱の家」
「ツカズハナレズのHANARE」
「暮らせる蔵」
「南欧モダンの白い家」
店舗
「(仮称)Jカフェ」
リフォーム
「土岐の家リフォーム」
外構・庭
「広々デッキと斜め芝庭/岡崎」
コープ生協提携建築士
環境
建築材料
構造・地震
インスペクション(現況検査)
設備
インテリア
バリアフリー
建築家
建築見学・観光旅行
時事
ファミリー
プライベート
アート
野球・サッカー
以前の記事
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧