代表写真

夫婦でアットホームな
雰囲気でやってます。
Profileへどうぞ

一級建築士事務所 KANO空感設計 KANo cooKAN design

〒444-2117   愛知県
岡崎市百々西町 13-13

TEL  0564-26-3051
FAX 0564-26-3059

住宅・集合住宅・別荘
店舗・事務所・医院等
企 画・設 計・監 理

Contact / ご相談・お問合せ

<   2012年 01月 ( 39 )   > この月の画像一覧
「空縁の家/豊橋」 輻射熱冷暖房パネル「エコウィン」設置
「空縁の家/豊橋」 の現場へ。
b0140276_9503046.jpg

リビングに大きな吹抜があるのですが、鉄製の階段が設置されました。
さび止め塗料が塗ってある状態で、これから現場でベージュ色に塗装されます。
これは、階段の一部で、これから、木製の段板や側板が設置されます。
b0140276_9505518.jpg

その脇に、輻射熱冷暖房パネルの「エコウィン」が設置されました。
エコファクトリーという熊本の会社が開発したもので、長さや幅は自由にオーダーできますが、今回採用したパイプは過去最長だそうです。
一昨年末にお施主様とエコウィン設置のモデルハウスを訪ねました。過去ブログ
b0140276_9511315.jpg

2階吹抜を突き抜けて、さらに伸びる、ながーいアルミパイプ(今は、白い養生クッションで巻いてありますが、黒です)が何本も立ち並んでいますが、その中を、冬は温めた不凍液が流れ、遠赤外線による輻射熱で、体の芯からじんわりと暖めます。
触っても熱くないので安心です。

夏は、冷やした不凍液が流れ、冷輻射で室内を冷やすとともに、パイプに結露させて、湿度を下げることができ、除湿機ともなります。
結露水は、パイプ群の下の受皿で集められ、自動排水されます。
除湿すると、室温が高めでも、涼しく感じます。

エアコンと違って、うるさい音や、いやな風がないので、ほこりをまき上げず、快適です。
雑音をなくしたいオーディオルームやホームシアターにも向いています。

石油ファンヒーターなどと違って、においがなく、空気が汚れません。

吹出口がないので、エコウィン本体でのフィルター掃除や交換などのメンテナンスが不要です。

床暖房は暖房しかできませんが、エコウィンは冷房もできます。

階段脇に設置したので、一部は階段の手すり代わりになっています。

熱源は、エアコンと同じ原理で動く、高効率のヒートポンプ室外機です。
ここで温められたり、冷やされたりした不凍液が、床下配管により、エウィン本体のアルミパイプとの間で循環します。
[PR]
by kano-cd | 2012-01-31 08:33 | 「空縁の家/豊橋」
NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」で多治見と土岐を旅する
今夜(1月30日)、NHK総合の「鶴瓶の家族に乾杯」という番組を見ました。
私の出身地である岐阜県多治見市(実家があります)と土岐市を、​鶴瓶さんと、歌手の森山良子さんが旅しました。
今回は、前編(先週)に続き、後編です。
残念ながら前編は、再放送でつい最近、たまたま、終わりのほうを​見ただけです。

森山さんは、多治見の古い町並みが残る「オリベストリート」と「​市之倉の窯元めぐり」へ。
オリベストリートには去年、同級生であり、親戚でもある陶芸家の​大野繁保君の個展を見にいきました。
過去ブログ

鶴瓶さんは、土岐市の下石(おろし)町へ。
私が生まれた町です。
おばあちゃんが住んでいるので、正月に行ったばかりです。

最初に訪れた、「尾張屋」という定食屋さんを経営する家族が出て​いましたが、なんとその中に、同級生の水野栄彦君が!
後継ぎになってたんだねえ。
大阪の神田川さんのところで料理修業されたと紹介されていました​。

この店のお父さんが鶴瓶さんに見せようと、持ってきた美濃焼の鉢​は、私が、去年行った、真山窯の伊藤真司さんの作品でした。
その時は息子さんの浩一郎さんに会いました。
お二人とも、伝統工芸士です。
洗面室やトイレに設置する手洗い鉢を探しに行ったのです。
過去ブログ

鶴瓶さんは、その後、町のキャラクターである「とっくりとっくん​」をつくりに、下石町裏山地区の窯元へ。
下石町は徳利(とっくり)の生産が日本一です。
私が育ったような原風景が残っていて、とても懐かしく感じました​。
煉瓦積みの煙突が印象的でした。
[PR]
by kano-cd | 2012-01-30 23:47 | プライベート
「元氣の家/豊川」 軒天、天井の杉板張り
「元氣の家/豊川」の現場へ。
b0140276_9325439.jpg

軒天に、杉板が張られています。
b0140276_9331195.jpg

↑外縁の軒天。きれいな杉板です。
1階の天井にも杉板を張りました。
b0140276_9332513.jpg

梁(横架材)はあわらしとします。
木の雰囲気がいっぱいの家になります。
[PR]
by kano-cd | 2012-01-30 09:00 | 「元氣の家/豊川」
「大屋根光庭の家/​蒲郡」 消防署打合せ
「大屋根光庭の家/​蒲郡」の設計のために、蒲郡市消防本部へ。
b0140276_17482870.jpg

キッチンはガスコンロをご要望されているので、オール電化にはしない予定です。

そこで、給湯を電気以外で行うことになります。
建設地には、都市ガスがきていません。
そこで、プロパンガスか、灯油が、熱源の選択肢に上がります。

ご実家で、灯油給湯器(石油給湯器という名前のほうが、機器メーカーでは一般的なので、以降は石油給湯器と表現します)を使っているということもあり、ランニングコストで有利な、石油給湯器を検討することになりました。

石油給湯器は昔からありますが、エコフィールというガス給湯器のエコジョーズと同様に、排熱を余熱として利用して、熱効率を高めた機種があり、環境性能が大幅に向上し、灯油代も安くなります。

石油給湯器は、石油タンクと石油給湯器との距離を一定以上離すなどの、設置基準がありますが、所轄の消防によって、指導が異なる可能性があるので、確認にきたのです。
[PR]
by kano-cd | 2012-01-29 09:00 | 「大屋根光庭の家/蒲郡」
「(仮称)岡崎の住宅」 北棟の配筋検査・コンクリート打ち立ち会い
「(仮称)岡崎の住宅」の現場へ。
しばらく、この家に関するブログをアップしていませんでしたが、今年になってからの分をまとめてアップします。
この家の中央棟と南棟は、道路から60cm上がったところが、設計地盤レベルですが、ビルトインガレージの北棟(車庫+2階居室)のみ、道路レベルにあります。
そこで、北棟とそれ以外を分けて、基礎工事を行っていきます。
b0140276_816562.jpg

↑北棟のコロンブス工法による地盤改良の後に、捨てコンクリート(調整コンクリート)が打設されたところです。
b0140276_8172931.jpg

コロンブス工法では、↑発泡スチロールがたくさん、地面に埋め込まれます。
液状化対策となりますし、地震時の揺れを半分に抑える効果があります。
b0140276_8175452.jpg

後日、配筋検査を行いました。
大きな車庫で、間口が広くてスパンがとんでおり、上に2階が乗ることもあり、鉄筋量が多いです。
b0140276_8182795.jpg

後日、コンクリート立ち会いを行いました。
b0140276_8183349.jpg

[PR]
by kano-cd | 2012-01-28 07:43 | 「回廊の家/岡崎」
板倉構法(落とし壁構法)の​勉強会
板倉構法(落とし壁構法)をやっている工務店の​勉強会に行ってきました。
構法自体は新しいものではなく、昔から日本では、主に木造の蔵などに使われていました。
柱に溝を掘っておき、柱と柱の間に、杉の板を上からどんどん落とし込んでいき、壁にする構法です。
過去ブログ(板倉構法を実践している、建築家の安藤邦廣さんの講演会)
過去ブログ(「板倉構法」の家 オープンハウス見学)
過去ブログ(板倉構法(落とし板壁構法)のモデルハウス見学)

この工務店でも、昔ながらの工法でやったこともあるそうですが、工期がたくさんかかりすぎるので、現実的ではないと、巨大な杉のパネルを開発し、それを、落とし込む工法に変えていったとのことです。
パネルを耐力壁として、認めてもらうための、大臣認定を取得するのに、莫大なお金と労力がか​かっているそうで、その苦労話を聞きました。
巨大な実物モデル(実験に使ったモデル)も見せてもらいました。
大きすぎて、会議室内に立てられず・・・。
筋交いを使わなくてすみますので、筋交いの見えない、杉板あらわ​しの、無垢の木がいっぱいのデザインが可能になります。
[PR]
by kano-cd | 2012-01-27 09:00 | 構造・地震
「大屋根光庭の家/​蒲郡」 キッチンユニット
「大屋根光庭の家/​蒲郡」のお施主様と打合せしました。
今回のキッチンは一般的な、I型ではなく、L型+カップボードもしくは、U型キッチンを要望されています。
各々アルファベットでその形状を示していますが、I型は直線型、L型は、90度曲りが1箇所、U型は、「コの字型」とも言われ、90度曲りが2箇所あります。
L型とU型は、別の辺にシンク(流し)とコンロがあるため、I型に比べ、作業同線が短いと言われていますが、コーナー部分の収納力が落ちるという欠点があります。

キッチンユニットは、システムキッチンメーカー数社から、L型とU型の見積もりを依頼中です。

一般に既製メーカーのU型キッチンは、特にコストアップするため、造作オーダーキッチンメーカー数社とも、プランと見積もりをもらって、検討を進めています。

先月、東京に行った時に、キッチンなど造作家具金物の世界的なメーカーである、ドイツのハーフェレのショールームに行きました。過去ブログ
総合ショールームである、新宿OZONに、新宿ショールームがあります。

今回、オーダーキッチンメーカーから、コーナーの収納力アップのために、ハーフェレの金物レマンを入れてもらうよう、プラン作成依頼の際に伝えました。
独特な動きをします。その動画がホームページで見られます。

コーナー部分によく採用される、半円や3/4円の回転バスケットよりも収納量が大きいですし、手前まで棚がせりだしてくるので、棚の奥の物の出し入れがしやすいです。
ただし、コストが高いのがネックです。

さらに収納力の高い、マジックコーナー フレックスも展示がありましたが、コストがさらに高いです。
こちらも同じページで動画が見られます。

パントリーをご要望されています。
大型収納ユニット「トールユニット タンデム」も展示がありました。
収納バスケット付の扉を開けると、奥の棚が手前にせりだしてきますので、深い奥行を有効利用できます。
動画が見られます。

いいものは高いなあ。
[PR]
by kano-cd | 2012-01-26 07:56 | 「大屋根光庭の家/蒲郡」
「自作自然の家/岡崎」 記念の手形を舗装に
「自作自然の家/岡崎」 の現場へ。
外構工事が始まりました。
b0140276_1059239.jpg

玄関ポーチのベースとなるブロックを積んでいます。
b0140276_10594510.jpg

室外機置き場のモルタル舗装をしています。
b0140276_10595274.jpg

お施主様であり、大工さんである中嶋さんの、お子様たちのかわいい手形が、押し付けてあり、微笑ましいです。
いい記念になります。
[PR]
by kano-cd | 2012-01-25 08:01 | 「自作自然の家/岡崎」
「空縁の家/豊橋」 ヒノキ張りのお風呂
「空縁の家/豊橋」 の現場へ。
b0140276_17505488.jpg

この家のお風呂は、ユニットバスではなく、在来工法で造ります。
壁と天井はヒノキ張り、腰壁と床はタイルで、防水や下地づくりをしています。
b0140276_1751040.jpg

洗面室の壁と天井はヒノキ張りですので、お風呂との一体感があります。
b0140276_1751710.jpg

さらに、洗面室に付属するサウナユニット(写真左にドアが見えます)の内装もヒノキ張りなんです。
[PR]
by kano-cd | 2012-01-24 08:10 | 「空縁の家/豊橋」
東京に今後4年以内にM7級の地震​確率が70%!
衝撃のニュースです!東京に今後4年以内にM7級の地震​確率が70%!
地震対策に待ったなしです。

東海地震の起こる可能性は、今後30年で88%です。
怖いのは、東海地震単独地震だけではなく、被害が格段に大きい、東南海地震、南海地震との3連動地震です。
さらに、建物の耐震、制震、免震に取り組んでいかないと。
土地探しをする方は、地盤について、慎重に考える必要があると思います。

東京大学地震研究所の平田直(なおし)教授(観測地震学)らが、​マグニチュード(M)7級の首都直下型地震が発生する確率は4年​以内で70%とする衝撃の研究結果をまとめた。
[PR]
by kano-cd | 2012-01-23 23:17 | 構造・地震
カテゴリ
事務所名に込めた思い
ブログ名に込めた思い
うちの事務所のこと
住宅計画
ホームページのこと
省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱
床下エアコン(床下暖房)
住宅
建築
「備える家/岡崎」
「通じる家/岡崎」
「平安光縁の家/幸田」
「大屋根中庭の家/岡崎」
「ダブルLハウス/岡崎」
「通る家/岡崎」
「つながる家/岡崎」
「集まる家/刈谷」
「ホワイトアクア/西尾」
「囲む家/安城」
「大屋根光庭の家/蒲郡」
「回廊の家/岡崎」
「元氣の家/豊川」
「自作自然の家/岡崎」
「空縁の家/豊橋」
「下山の光庭の家」
「刈谷の懐/廻の家」
「ダブルゲートハウス」
「星崎の宝箱の家」
「ツカズハナレズのHANARE」
「暮らせる蔵」
「南欧モダンの白い家」
店舗
「(仮称)Jカフェ」
リフォーム
「土岐の家リフォーム」
外構・庭
「広々デッキと斜め芝庭/岡崎」
コープ生協提携建築士
環境
建築材料
構造・地震
インスペクション(現況検査)
設備
インテリア
バリアフリー
建築家
建築見学・観光旅行
時事
ファミリー
プライベート
アート
野球・サッカー
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧