代表写真

夫婦でアットホームな
雰囲気でやってます。
Profileへどうぞ

一級建築士事務所 KANO空感設計 KANo cooKAN design

〒444-2117   愛知県
岡崎市百々西町 13-13

TEL  0564-26-3051
FAX 0564-26-3059

住宅・集合住宅・別荘
店舗・事務所・医院等
企 画・設 計・監 理

Contact / ご相談・お問合せ

カテゴリ:環境( 7 )
岐阜県東濃を核のゴミ捨て場にしないで!その3
昨日のブログの続きです。
核廃棄物計画のある岐阜県瑞浪市での、地震の可能性についてです。
瑞浪市は、東海地震の地震防災対策強化地域に指定されている、岐阜県中津川市(岐阜県内で唯一指定)の隣の隣の市で、各市同士の最も近い場所は10kmも離れていません。
瑞浪市は、「東南海・南海地震に関わる防災対策特別措置法」に基づく対策推進地域に指定されています。
b0140276_1663768.gif

東日本大震災の影響で、岐阜県北東部の阿寺(あてら)断層帯の地震発生確率が高まりました。
いつ地震がおきても不思議ではありません。
そのニュースはこちら
b0140276_16135433.jpg

政府の地震調査委員会は9日、岐阜県東部にある活断層「阿寺(あてら)断層帯」の北部で地震が発生する確率が、東日本大震災の影響で高まった可能性があると発表した。
確率が高まった可能性があるのは、阿寺断層帯のうち、北部の同県下呂市に延びる「萩原断層」(長さ約17キロ)。マグニチュード(M)6・9の地震を起こすとされる。

 同断層の30年以内の地震発生確率は大震災前に最大11%と評価され、国内の活断層の中でかなり高い。
大震災から約半年間の地殻変動の影響を調べた結果、断層が動きやすくなるように働く力が基準値を超えた。

 地震調査委は、大震災後に確率が上昇した可能性がある活断層として立川断層帯(東京都、埼玉県)など4つを公表済みで、今回で計5断層になった。阿寺断層帯の南部は約400年前に「天正地震」(1586年)を起こしている。


脱原発@愛知/名古屋
という脱原発サイトでも、瑞浪の核廃棄物処分場のことが取り上げられています。
これは、岐阜県東濃だけの問題ではないのです。
愛知県、東海地方、広くは、中部地方、いや日本全体の問題です。
[PR]
by kano-cd | 2011-10-06 09:00 | 環境
岐阜県東濃を核のゴミ捨て場にしないで!その2
昨日のブログの続きです。

同様な研究所が北海道最北端の宗谷岬近くの幌延町(ほろのべ)にもできました。
幌延深地層研究センター
この施設のホームページを見ると、

原子力発電所から出る使用済燃料から、燃料としてまだ使えるウランとプルトニウムを回収した後に残る高レベル放射性廃棄物を、最終的に地下深い地層中に処分することは、国の基本方針となっています。
(独)日本原子力研究開発機構の幌延深地層研究センターは国の研究機関として、高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発として地層科学研究や地層処分研究開発を行うことにより、地層処分の技術的な信頼性を、実際の深地層での試験研究等を通じて確認することを目的に設置されました。


始めから、ここに地層処分する計画で、この研究所が作られていることが明白です。
「地層研究所」は、日本で瑞浪と幌延町の2つしかない施設なのです。
おそらく、瑞浪が選ばれたのは、日本の中心に近くて、高速道路が近くにあり、全国から核廃棄物を持ち込みやすいという立地も考慮されたのだろうと思います。

現在は、あくまでも核のゴミがどれぐらい耐えることができるかという地層研究なんだそうですが、最終処分場にすることは明らかです。

坑道見学ができるそうですが、見学した人の記録によると、湿気が非常に高く、地下水があふれているそうです。

瑞浪の山々からは、土岐川(下流の愛知県での名前は庄内川となります。台風15号で庄内川が氾濫したのは、上流の土岐川周辺に大量の雨が降ったからです)に雨水や地下水が流れています。
飲み水や農業用水、工業用水として名古屋市民などが利用する木曽川にも地下水が流れているかもしれません。
万が一、地震や予期せぬ人災などで、地層処理した、核ゴミから、放射能が地下水にまじったら、どうなってしまうでしょうか。
伊勢湾やそれにつながる三河湾、太平洋も汚染されてしまいます。

全国から核のゴミがおそらく高速道路で運ばれてくることになりますが、運搬車が交通事故に巻き込まれたら、核のゴミが周辺に拡散する恐れがあります。
それは、東海地域に限りません。

テロ戦争時代ですから、テロも想定しなければなりませんし、敵国の爆撃標的になるかもしれません。

こんな危険な計画を子々孫々に残すことはできません。
この事実を広めて知ってもらいたいと思います。

放射能のゴミはいらない!
   市民ネット・岐阜のホーム・ページ        


ぜひご覧ください。
そして、みなさんも、この事実を広く、知らしめてください。

次回に続く。
[PR]
by kano-cd | 2011-10-05 09:00 | 環境
岐阜県東濃を核のゴミ捨て場にしないで!その1
先週、先々週と脱原発についてブログで書きました。
脱原発運動の盛り上がり 
原発の危ない立地 浜岡原発
原発の危ない立地 福井の原発 その1
原発の危ない立地 福井の原発 その2

原発に反対する理由はまだあります。
核廃棄物処理の問題です。
使用済みの高レベル核廃棄物をどうやって処分したらいいのか、どこに処分したらいいのかという、大問題が解決されないまま、日々、核のゴミが全国の原発で作られ続けているのです。
青森県六ヶ所村は、核廃棄物の再処理工場であって、処分地ではありません。
現在、その処分地が決まっていないのです。

先日、地元の岐阜県多治見市・土岐市に帰省した時に、恐ろしいことを知りました。
原発や核が身近な大問題になっているのです!
これが、私を脱原発の行動を具体的に実行せねばと思った一番のきっかけです。

このあたりを東濃地方とよびます。
岐阜県南部の旧国名は「美濃」であり、東の美濃=東濃(とうのう)。
土岐市、瑞浪市(みずなみ)は、豊田市の隣の市です。
JR瑞浪駅から名古屋のJR千種駅までわずか、38分で、名古屋への通勤通学圏内です。
名古屋-岡崎間と名古屋-瑞浪間とは、ほぼ同じ距離で40km圏内です。

土岐市北部に土岐北高校があり、そのすぐ近くの瑞浪市明世町月吉に、超深地層研究所という独立行政法人の研究施設が最近できました。
中央道瑞浪ICやJR中央線の瑞浪駅にも近いです。

表向きは、「岩盤や地下水を調査する技術や解析する手法の確立、深い地下で用いられる工学技術の基盤の整備を目指しています。」とありますが、実態は、高レベル放射性廃棄物の最終処分場として地下1000㍍の穴を掘り、核のゴミを埋めるという計画がされているのです。

住民の反対運動を札束で口封じし、強引に工事を着工させました。
土岐市など周辺の地元自治体にも電源立地地域対策交付金がばらまかれています。
私の生まれ故郷である土岐市の妻木公民館が、数年前に建てられましたが、市の財政がひっ迫しているはずなのに、町の規模や公民館という名前のレベルに似合わないほど立派な、お城みたいな施設なのを見て、なるほどこういう裏があったのかと思いました。

国は、最終処分地の候補自治体を募集していますが、立候補するところはどこもありません。
交付金をもらい続けるうちに、陰に陽に圧力がかかり、やがて、瑞浪市が立候補という流れが当然でてきます。

現在、地下500mまで掘り進めています。

この核のゴミ捨て場計画を阻止させましょう!

ぜひ、「埋めてはいけない!核のゴミ実行委員会・みずなみ」をご覧ください。
そして、みなさんも、この事実を広く、知らしめてください。

次回に続く。
[PR]
by kano-cd | 2011-10-04 08:18 | 環境
原発の危ない立地 福井の原発 その2
昨日のブログの続きです。

福井の原発は地震が起こらない立地と言えるでしょうか。
日本全国、地震の起こらないところはどこにもありません。
「想定外」の規模の地震は起こり得るのです。
それは、プレート型と呼ばれる、地震プレート同士のずれによる地震だけでなく、日本全国いたるところにある、活断層によって、引き起こされる地震があるからです。

活断層は、後から発見されることも多く、建設時には、気づかないこともあるのです。
2001年鳥取県西部地震は、マグニチュード7.3の浅い地震ですが、活断層が知られていなかった場所で発生しました。
原発のすぐ近くに、地表からは見えない活断層がないという保証はありません。
b0140276_9251891.jpg

現に、原発建設後に、福井の原発の付近や直下に活断層が見つかりました。
詳しくは

しかも、運転開始からすでに8基が30年を超え、そのうち2基が40年、1基が39年を経過しており、多くが老朽原発です。

福島の事故原因をめぐっては、東京電力がこれまで“想定を超える津波”で説明してきましたが、最近発表した解析結果から、3号機では原子炉の冷却ができなくなった原因として、地震の揺れによる緊急炉心冷却装置(ECCS)の配管破損の疑いが浮上してきました。
今回の地震で3号機は、想定した基準地震動を約15%上回る揺れを観測したのです。

地震が起きても絶対大丈夫だと政府や電力会社は言ってきたのに・・・。
[PR]
by kano-cd | 2011-09-25 09:36 | 環境
原発の危ない立地 福井の原発 その1
昨日のブログの続きで、「脱原発」についてです。

東海地方というくくりで考えると、静岡県御前崎の浜岡原発しかないので、福井の原発 は、なじみが薄いかんじがしますが、中部地方である福井県の原発群と、岡崎からは、距離的にはほぼ同じです。
名古屋あたりだと、福井の原発のほうが近いのです。
名古屋-敦賀原発  90Km 
名古屋-浜岡原発 120km

東北の距離感でいえば、福島第一原発から、90kmというと宮城県仙台市や茨城県常陸太田市(水戸市よりも20km北)や栃木県那須塩原市(宇都宮市よりも40km北)なのです。
東京は福島第一原発から、200kmも離れているのに、放射能の被害があるのです。
放射能被害の大きい、福島県郡山市や福島市は60kmです。

90kmしか離れていない名古屋は、原発に近すぎるのです。
福井の原発から、岐阜市や京都市まで70km、大阪市や神戸市まで80kmと、名古屋よりもさらに近いのです。

福島の原発や新潟の原発が、なぜ、東京から、何百キロも離れた場所にあるのか。
(しかも福島と新潟は東北電力管内であり、東電とは関係ない地域です)
それは、万一の放射能もれを想定していたからです。
その観点からいえば、関西や名古屋の大都市圏に近い、福井に原発が存在するのは、危険な状態です。

しかも、日本一の密集度から、「原発銀座」と呼ばれるほど多く、15基(日本の原発数の3割弱)もの原発が若狭湾沿岸に立地しています。
万一、これらの原発が、地震や津波で、福島第一原発のような事態やそれを上回る被害になってしまったら、放射能は風に乗って舞い、北陸どころか、東海、関西という大規模人口集積地、産業集積地に、壊滅的な被害を及ぼし、日本全体がだめになってしまいます。

フランス放射線防護原子力安全­研究所による福島第一原発からの放射能拡散推測シュミレーション動画

ドイツ気象庁による福島第一原発からの放射能拡散推測シュミレーション動画

これらを見ると、風にのって、広範囲に放射能汚染されることがわかります。
福井から関東や東北、北海道、さらに西日本にも及ぶと予想されます。

次回に続く。
[PR]
by kano-cd | 2011-09-24 18:31 | 環境
原発の危ない立地 浜岡原発
昨日のブログの続きで、「脱原発」についてです。

脱原発運動が盛り上がりを見せるなか、原発をなくすことに向けて、何か、自分でも、できないかと考え、まずは、ブログで脱原発について、とりあげて、みなさんに知らしていこうと思いました。
私たち自身は、こうしたことぐらいしかできず、微々たることしかできませんが、同様な考えをもった人たちが増えて、「脱原発」の世論をつくっていくことが大切です。
できれば、私たちのブログの各記事にリンクを張って、ブログやツイッターやフェイスブックで広めてもらえたらと思います。

私たちのブログは、家づくりが中心ですが、家とは、家族の体や健康を守るのが第一の目的であるべきと思います。
そういう観点から、家の回りにある、健康を害する恐れのあるものを排除したいという気持ちになるのは、当然ではないでしょうか。

私たちのブログを読んでいる方のなかには、原発関係者や原発がなくなると困る人もいるでしょう。
しかし、自分の良心が、だまっていることを抑えられなくなったのです。

それは、原発関連について、特にこの地域(愛知・岐阜)に大問題となる、ある衝撃的な恐ろしい事実を知ってしまったことが、きっかけです。
その事実とは何か、今後のブログの中で、あきらかにしていこうと思います。

ほとんどのマスコミは、原発タブーです。
マイナス情報は報道がされないのです。
反原発につながるような情報は、自分からネットなどを使って、探しにいかないとわかりません。
なので、私が取り上げるのもネット情報が中心になります。
ネットの情報が正しいかどうかの判断はみなさんにおまかせします。

第一弾は、静岡県の御前崎にある、浜岡原発についてです。
b0140276_9345472.jpg

前総理が、浜岡原発を停止させたのは、東海地震の震源域の直上にあること、津波対策が不十分であり、被災した場合は、首都圏などに大きな被害が及ぶと想定されたからです。
東海地震については、今後30年以内にマグニチュード8以上の地震が起きる可能性が87%以上あると考えられ、いつ起こってもおかしくない状態と言われています。
さらに、東海地震単独よりも、地震規模がはるかに大きくなる、東南海地震、南海地震との三連動地震の可能性が高いとされています。

危ないから原発を止めたのです!
b0140276_9375110.gif

近くには、活断層もあり、東海地震が起こるようなところに、なぜ原発をつくってしまったのでしょうか?
本当に地震に耐えられるのでしょうか。

浜岡原発2号は東海地震に耐えられない 設計者が語る
上記記事の続きとして東海地震に耐えられない浜岡原発の危険性
浜岡原発の設計者であった谷口雅春氏の告発です。
6年前に書かれた記事ですが、もし、改善が図られていない場合は、大問題だと思います。

なぜ浜岡は世界で一番危険な原発なのか?

浜岡原発は、現在、2年間限定で停止しているだけです。
新しい大きな防波堤ができたら、原発は再稼働してしまいます。

次回に続く。
[PR]
by kano-cd | 2011-09-23 11:34 | 環境
脱原発運動の盛り上がり 
9月19日20日のブログで、節電意識を高めたり、住宅の省エネ化を図って、原発をなくそうという「Forward to 1985 energy life」1985運動に参加したことを書きましたが、他でも、脱原発の流れが大きなうねりとなりつつあります。
b0140276_951474.jpg

19日には、 「脱原発」を目指してノーベル賞作家の大江健三郎さんらが呼び掛けた、「さようなら原発5万人集会」が東京・明治公園で行われ、約6万人(主催者発表)が参加し、震災後最大規模の反原発集会となりました。
詳しくはネットのニュース

さようなら原発1000万人アクション

俳優の山本太郎さんらのメッセージ

山本太郎さんは、原発事故後、すぐに反原発の発言をしたとして、ドラマを降板させられ、所属事務所をやめることになってしまいました。

そして今日のヤフーニュースでは、山本太郎さんらが、7月11日、佐賀県庁で玄海原発2・3号機の再稼働に反対するため、知事に会って嘆願書を渡そうと、県庁に入ったとして、京都(なぜ?何かウラがありそう)の行政書士によって、「不法侵入」として出された告発を、佐賀地検が受理したことが分かりました。

嘆願書提出時の動画
動画には、嘆願書を受け取らないように、机でバリケードをつくる県庁職員と、山本さんがやわらかな口調で問答する様子が。
これが「不法侵入」になるのでしょうか。
 
なんてことなんでしょうか!
日本は「原発がいらない」と言うことも、行政に嘆願することもできない国なんでしょうか!

大江健三郎さんのメッセージ

「イタリアでは国民投票で原発をやめることが決まった。もうイタリアでは、、人間の命が原発によって奪われることはない。しかし私たち日本人は、これからもさらに原発の事故を恐れなければならない。」

私も原発の存続には、反対の立場です。

次回に続く。
[PR]
by kano-cd | 2011-09-22 08:16 | 環境
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
事務所名に込めた思い
ブログ名に込めた思い
うちの事務所のこと
住宅計画
ホームページのこと
省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱
床下エアコン(床下暖房)
住宅
建築
「備える家/岡崎」
「通じる家/岡崎」
「平安光縁の家/幸田」
「大屋根中庭の家/岡崎」
「ダブルLハウス/岡崎」
「通る家/岡崎」
「つながる家/岡崎」
「集まる家/刈谷」
「ホワイトアクア/西尾」
「囲む家/安城」
「大屋根光庭の家/蒲郡」
「回廊の家/岡崎」
「元氣の家/豊川」
「自作自然の家/岡崎」
「空縁の家/豊橋」
「下山の光庭の家」
「刈谷の懐/廻の家」
「ダブルゲートハウス」
「星崎の宝箱の家」
「ツカズハナレズのHANARE」
「暮らせる蔵」
「南欧モダンの白い家」
店舗
「(仮称)Jカフェ」
リフォーム
「土岐の家リフォーム」
外構・庭
「広々デッキと斜め芝庭/岡崎」
コープ生協提携建築士
環境
建築材料
構造・地震
インスペクション(現況検査)
設備
インテリア
バリアフリー
建築家
建築見学・観光旅行
時事
ファミリー
プライベート
アート
野球・サッカー
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧