代表写真

夫婦でアットホームな
雰囲気でやってます。
Profileへどうぞ

一級建築士事務所 KANO空感設計 KANo cooKAN design

〒444-2117   愛知県
岡崎市百々西町 13-13

TEL  0564-26-3051
FAX 0564-26-3059

住宅・集合住宅・別荘
店舗・事務所・医院等
企 画・設 計・監 理

Contact / ご相談・お問合せ

カテゴリ:省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱( 100 )
ヒートショックを防ぐ、床下暖房の家じゅうあったかい、高気密高断熱の家
高気密高断熱の家にして、家じゅうあったかい家にして、ヒートショックを防ぎましょう。
KANO空感設計 では、世の中で一般的な床断熱(床材直下に断熱材を敷く)ではなく、基礎断熱(床材直下ではなく、コンクリートの基礎に断熱)を採用しています。
様々なメリットがありますが、そのなかでも、床下を室内とつながる空間にすることにより、床下空間全体を暖める床下暖房が可能になることが、ヒートショック対策になります。
床下を暖めるために、ランニングコストが安くて効率のいい、エアコンを床下に入れたり、半埋め込みにするので、「床下エアコン」ともいいます。
「床暖房」はよく知られていると思いますが、「床下暖房」はあまり知られていないのではないかと思います。まるで違います。
リビングやダイニングだけの床暖房は、床材直下に温水パネルや電熱シートを敷くだけなので、部分的です。
廊下やトイレや脱衣室など家じゅう設置するとなるとかなりの高額になってしまいますので、なかなか採用できないと思います。
ランニングコストもかかります。

リビングやダイニングだけの床暖房では、廊下に出れば、寒く、脱衣所やトイレは特に。ヒートショックという言葉、ご存じですか? 
ヒートショックとは、急激な温度変化によって血管が収縮・拡張し、血圧を変動させることで起こる人体への悪影響のことです。
さらに、重大な血管事故にもつながることがあります。気温が低い冬場は、家の中でも寒暖差が発生しやすく、特に室温の低い脱衣所やトイレは要注意。
冬場は血管に負担のかかる季節です。
冬場の血管ケアとして、ヒートショックから身を守るための対策が大切です。
ヒートショックは、体に触れる空気の温度の急激な変化によって引き起こされます。
特に冬場に入浴する際、暖房で十分に暖められた部屋から寒い脱衣所に移って服を脱いだ時に、熱を奪われまいとして血管が縮み、血圧が急上昇して引き起こされる、といったケースが有名です。
さらに、寒い脱衣所から浴室に入って温かい浴槽のお湯につかることで血管が拡がり、血圧が急低下し、失神して、溺れてしまうということも少なくはないのです。
突然の温度変化による血圧の上昇・下降は血管に負担をかけるだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞など取り返しのつかない血管事故につながることも知られています。
急激な温度変化は、お風呂場だけでなく、暖かい部屋から寒いトイレへ移動した時、寒い屋外へ出た時などでも起こり得ることです。
寒暖差によって血管の収縮、拡張が起こりやすい冬場は、血管にとって負担のかかる状況といえるでしょう。

日ごろの生活の中で、血管に負担をかけている状況が無いかどうか、一度意識してみてください。調査によると、日本では、2011年の1年間で約1万7千人もの方々がヒートショックに関連して亡くなっていたと推計されています。
この数字は、年間の交通事故による死亡者数の3倍以上に上り、いかに多くの方がヒートショックで亡くなっているかが分かります。また、冬の期間、特に1月は、入浴中に心肺機能が停止する人の数が8月のおよそ11倍に達していたとされており、ここにもヒートショックが関係していると考えられています。
[PR]
by kano-cd | 2017-02-03 18:11 | 省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱
住宅の断熱化と健康への影響調査で中間報告(国交省事業)がありました
住宅の断熱化と健康への影響調査で中間報告(国交省事業)がありました。
家じゅう、あったい家は、快適だけでなく、ヒートショック()をなくし、病気になるリスクを減らし、健康的な暮らしができます。
省エネによる光熱費低減だけでなく、医療費低減にもなります。
KANO空感設計では、床下エアコンによる床下暖房や高気密高断熱による、あったかい家づくりをしています。

一般社団法人日本サステナブル建築協会は1月13日、住宅の断熱化と居住者の健康への影響に関する調査の中間報告を行った。
それによると、冬期において起床時室温が低いほど、血圧が高くなる傾向がみられ、高齢者ほど室温低下による血圧上昇が大きいことが確認されたという。
また、断熱改修によって室温が上昇することで居住者の血圧が低下する傾向も確認されたという。

 本調査で得られた1753人の有効サンプルを用いた分析の結果、冬期の朝に室温が10℃低い場合には血圧が7.3mmHg高くなったという。また、年齢が10歳高齢になると8.8mmHg高くなったという。

 このほか、寒い家に住んでいる人は入浴事故リスクが高いとされる湯温が熱め(42℃以上)の入浴をする確率が高いこともわかった。

 同調査は、2014年度から国土交通省の予算による「スマートウェルネス住宅等推進事業」で、住宅の断熱化が居住者の健康に与える影響を検証することを目的に実施されているもの。断熱改修を予定する全国約1800軒の住宅に住む約3600人を対象に、改修前後で居住者の血圧や身体活動量の変化などを調べた。医療・福祉系の研究者と建築系の研究者が共同で取り組んでいる。
http://www.s-housing.jp/archives/99750


[PR]
by kano-cd | 2017-01-16 21:11 | エコハウス
総合建材メーカーのリクシルのセミナー「Good Living フォーラム2015」に参加
総合建材メーカーのリクシルのセミナー「Good Living フォーラム2015」に参加しました。
b0140276_23533697.jpg

高断熱で高性能なサッシの紹介がメインです。
窓から、住宅の熱の6割以上が逃げているので、サッシを高断熱化するのが、家の断熱性を高める早道です。
b0140276_23534449.jpg

[PR]
by kano-cd | 2015-04-29 23:53 | エコハウス
省エネ住宅ポイント・長期優良住宅化リフォーム・住まい給付金の説明会参加
名古屋市公会堂へ。
b0140276_15504776.jpg

復活する、省エネ住宅ポイント(新築30万円、リフォーム最大45万円)や、長期優良住宅化リフォームの補助金(最大100万円)、住まい給付金についての、国土交通省が行う説明会に行きました。
b0140276_15505655.jpg

[PR]
by kano-cd | 2015-02-11 15:48 | エコハウス
健康・省エネ シンポジウム
名古屋大学で開催された、健康・省エネ シンポジウムに行きました。
b0140276_1711183.jpg

全国の大学の建築や医学の先生や工務店、建築士、建材メーカー等が参加する、「一般社団法人 健康•省エ住宅を推進する国民会議」が主催しました。
b0140276_17113134.jpg

省エネは、室内の温度差によって主にお風呂で起こるヒートショットを防いで、生命を守り、血圧を上げず、健康に暮らせるためにも、必要なことを再認識しました。
[PR]
by kano-cd | 2015-02-07 09:00 | エコハウス
太陽熱利用の「そらどまの家_桑名の家1・2」 見学
以前から参加している、エコハウス研究会の体験見学会が、三重県桑名市の「そらどまの家_桑名の家1」と「そらどまの家_桑名の家2」の2軒で行われたので、行ってきました。
b0140276_11334798.jpg

全国でエコハウス研究会を展開する、代表のエコハウス建築家の丸谷博男さん の設計です。
施工は、私が提携建築士をしているコープ生協(コープハウジング東海)の提携工務店でもある、桑名市の松田建設です。
「そらどまの家_桑名の家1」には工事中と4月の竣工時のオープンハウスにも行っています。
過去ブログ エコハウス桑名の現場見学会に参加 その1
過去ブログ エコハウス桑名の現場見学会に参加 その2
過去ブログ エコハウス愛知研究会 そらどまの家桑名オープンハウス
b0140276_1134394.jpg

「そらどまの家」とは太陽熱を積極的に利用したエコハウスです。
「そら」のある屋根面で太陽によって暖められた空気を、床下に送り込んで、「どま」(土間コンクリート)に蓄熱させ、1階の床全体を暖めるとともに、窓直下などに設けられた、床吹出口から、あたたかい空気が吹出します。
「そらどま」は、ソーラーシステムとして有名な、OMソーラーの技術をベースに、安価にだれでも採用できるようにし、改良をしたシステムです。
2つのメーカーの↑輻射式の冷暖房パネルも設置されています。
ぜひとも、真冬の室内を体験したかったのです。

この日は晴天で屋外も比較的暖かかったとはいえ、風もあり、外は寒かったですが、室内に入ると、小春日和のように暖かくて、心地よかったです。
ぼーっとのぼせるような暑さや息苦しさを感じることもなく、自然な暖かさです。
窓が大きく、太陽熱の日射取得の効果も大きいと感じました。
大きな吹抜のあるほとんど平屋みたいな家ですが、2階も暖かい空気がまわり、快適でした。
北側にある寝室や洗面室や浴室やトイレに入っても、家じゅうどこに行っても、寒いということはなく、快適であるばかりでなく、真冬のヒートショック(室間の温度差による心臓発作)対策として、有効です。
お施主様がいらして、住み心地を聞くことができました。
夏も快適だったそうです。
離れてくらしている息子が以前の家の時には、寒くて暑いと全然帰ってこなかったのに、新築してからは、しょっちゅう帰ってくると話す姿がとてもうれしそうでした。
息子さんが帰った来た時用に、2階に部屋を用意しておいたのに、冬でも快適なので、ソファで寝ているそうです。
ほとんど室内で一緒に暮らしているという、ネコちゃんも快適な場所を探して夏と冬で過ごす場所を変えているそうです。

「そらどまの家_桑名の家2」は、4月に上棟した時に見学をしています。
こちらも竣工しており、お施主様に案内していただきました。
どちらのお施主様も、喜んでいるようすで、このような家づくりをするのが、私の設計の理想です。
[PR]
by kano-cd | 2015-01-13 09:00 | エコハウス
省エネ住宅ポイント制度が12月27日に閣議決定されました
省エネ住宅ポイント制度が12月27日に閣議決定されました。
数年前に住宅エコポイント制度というものがありましたが、それの復活です。
当時は、私たちが設計させていただいた住宅は、全て、省エネ住宅として設計し、その認定申請を行って、住宅エコポイントをお施主様が受け取ることができるようにしていました。

今回の復活を受けて、また、そのような対応にしていきたいと思います。

省エネ住宅に関するポイント制度(省エネ住宅ポイント制度)は、省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、消費者の需要を喚起し、住宅投資の拡大を図る事を目的とし、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度です。

※本制度は、平成26年度補正予算の成立を前提としています。正式には国会での審議を踏まえ制度として創設されますので、内容に変更があり得ることをご了承下さい。

国土交通省ホームページ 
省エネ住宅に関するポイント制度について
省エネ住宅に関するポイント制度の内容について
[PR]
by kano-cd | 2015-01-11 09:00 | エコハウス
断熱のチェックができる赤外線カメラケース購入
今、省エネで快適な住宅づくりに一生懸命に取り組んでいる建築士などに話題となっている、iPhoneが赤外線カメラになるケース「FLIR ONE」を、自分へのクリスマスプレゼントと、自分で言い訳しながら、ゲットしました。
b0140276_16163635.jpg

iPhone5に装着して、使います。
壁内の断熱不足の箇所をチェックしたり、部屋内の温度のバラツキを把握したりと、省エネ住宅設計と施工監理に役立ちそうです。
仕事以外のことにも、いろいろ使えそうでおもしろそう!
b0140276_16164426.jpg

[PR]
by kano-cd | 2014-12-28 16:18 | エコハウス
セルロースファイバー断熱材の勉強会
断熱材のセルロースファイバーの勉強会に岡崎市せきれいホール行ってきました。
b0140276_1105749.jpg

新聞紙粉砕して綿状に繊維化したものです。よく採用しています。
いろんな会社が製造施工していますが、その中でも、老舗的な(株)デコスという、会社による説明会です。
b0140276_111202.jpg

話を聞いたり、断熱や吸湿、防音の各種実験を見ました。
高価ですが、家の快適性や省エネなど様々な効果があります。
↑上の写真の実験では、グラスウールの箱とセルロースファイバーの箱の中に、お湯を入れた紙コップを置き、時間が経つと、セルロースファイバーの箱は湿度が下がって、湿気を吸う様子が分かります。
湿気をはいたり、吸ったり呼吸できる断熱材です。
b0140276_1113032.jpg

↑セルロースファイバーの屋根のほうを触っても熱くありません。
b0140276_1113949.jpg

↑3種類の断熱材でできた箱の中に、防犯ブザーを鳴らしたまま入れて、箱の外にどれが一番音が漏れないかの実験です。
セルロースファイバーは防音効果が高く、音がほとんどしなくなりました。
[PR]
by kano-cd | 2014-07-23 09:00 | エコハウス
YKK APWフォーラム その2 岩前篤教授の講演「健康と断熱性の相関関係」
昨日のブログの続きです。
b0140276_1557746.jpg

近畿大学の岩前篤教授の講演を聞きました。
家の断熱性能と健康との相関関係を研究されている先生で、以前からお話を聞いてみたいと思っていました。
私も持っている「健康に暮らすための住まいと住まい方エビデンス集」という本の一部を執筆されています。
b0140276_16135524.jpg

こちらのサイトでは、講演の話がダイジェストでまとめられていて分かりやすいです。
b0140276_161428.jpg

↑グラフは、低いG3断熱グレードの家から、高いG5断熱グレードの家に住み変えた人の病気の改善率を調べたものです。
これはほんの一例ですが、これまでの研究成果から、断熱性のいい住宅は、ひとは健康になることが分かっています。
逆にいうと、断熱性の悪い住宅は、ひとを不健康にするのです。
住宅設計という仕事は、ひとの健康にも関わるという重要性を再認識しました。
[PR]
by kano-cd | 2014-06-28 09:00 | エコハウス
カテゴリ
事務所名に込めた思い
ブログ名に込めた思い
うちの事務所のこと
住宅計画
ホームページのこと
省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱
床下エアコン(床下暖房)
住宅
建築
「平安光縁の家/幸田」
「通じる家/岡崎」
「大屋根中庭の家/岡崎」
「ダブルLハウス/岡崎」
「通る家/岡崎」
「つながる家/岡崎」
「集まる家/刈谷」
「ホワイトアクア/西尾」
「囲む家/安城」
「大屋根光庭の家/蒲郡」
「回廊の家/岡崎」
「元氣の家/豊川」
「自作自然の家/岡崎」
「空縁の家/豊橋」
「下山の光庭の家」
「刈谷の懐/廻の家」
「ダブルゲートハウス」
「星崎の宝箱の家」
「ツカズハナレズのHANARE」
「暮らせる蔵」
「南欧モダンの白い家」
店舗
「(仮称)Jカフェ」
リフォーム
「土岐の家リフォーム」
外構・庭
「広々デッキと斜め芝庭/岡崎」
コープ生協提携建築士
環境
建築材料
構造・地震
インスペクション(現況検査)
設備
インテリア
バリアフリー
建築家
建築見学・観光旅行
時事
ファミリー
プライベート
アート
野球・サッカー
以前の記事
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧