代表写真

夫婦でアットホームな
雰囲気でやってます。
Profileへどうぞ

一級建築士事務所 KANO空感設計 KANo cooKAN design

〒444-2117   愛知県
岡崎市百々西町 13-13

TEL  0564-26-3051
FAX 0564-26-3059

住宅・集合住宅・別荘
店舗・事務所・医院等
企 画・設 計・監 理

Contact / ご相談・お問合せ

カテゴリ:ホームページのこと( 19 )
毎日更新のブログ
毎日ブログを更新して3年以上たちますが(書けなかった日もありますが)、たまに、自分たちのブログがどれだけの数の人に見てもらえているか、気になって、ブログのアクセス解析をします。
見ているひとがいると思うと、がんばってブログを書こうと思えるからです。

毎日となると、書くのは、大変です。
誰にも見せない個人の日記なら、「今日は書くことないから、やーめた」とか、「1、2行だけ」とかもできますが、ブログは、見てもらうために書いているので、毎日、しかもある程度は、内容のあるものを書かなくちゃ、せっかくブログを見に来た人に、「なーんだ更新されてないじゃん」とか「内容ないなあ。」と思われてしまいます。
しかも、それが続くと、せっかく毎日、見に来てくれた人が、もう見なくなってしまいます。

自分自身も、他人のブログをよく見ますが、更新されていないと、ちょっとがっかりします。

ブログのアクセス解析の結果を、久々に見て驚きました。
私たちが使っているエキサイトブログのページビューランキングは、現在、全国で663位でした。(ランキング対象ブログは約6万)
ブログを始めた当初は1万5000位くらいでした。
ページビューは、検索キーワードがブログへヒットするだけでカウントされますので、訪問者数(実際にブログにアクセスして読む人の数)とは違います。

8月17日のブログのページビューは848ヒットでした。
ブログを始めた当初は一日50くらいでした。
苦労は必ず、報われるんだと思います。

訪問者数は、土日には平日の半分くらいになってしまいますので、家づくりを検討している人ばかりでなく、メーカーや工務店や設計事務所などの同業の方や友人、そしてお施主様やOBの方もいると思います。
平日は、平均70人くらいです。

ブログは、家づくりを検討している方へのメッセージだけでなく、現在、計画中や設計中、建設中のお施主様には、今後、どのような流れで設計や工事が進んでいくのか、他の家のブログを見ていただくことで、理解が深まります。

また、私たちが採用する、建材や構造、設備などについても、ブログで事前に知っていただくことで、スムーズな設計につながるのではと思います。

がんばって、更新しようと思います。
[PR]
by kano-cd | 2011-08-21 12:21 | ホームページのこと
エキサイトブログに広告が入りました
7月1日から、エキサイトブログの最新の記事の下に広告が2本入るようになってしまいました。
全ての無料ブログのユーザーが対象です。
いやなんですが、無料なのでしょうがないかとも思います。
広告の内容をしばらく様子を見て、変な広告が入り始めたりしたら、広告が入らない有料ブログに入るかどうか検討したいと思います。
問題にならない、気にならない内容であれば、そのまま広告入りとさせていただきます。
[PR]
by kano-cd | 2010-07-06 10:52 | ホームページのこと
ブログ1周年!
ブログを初めてから今日で1年が経ちました。
なんとか、ほぼ毎日、続けることができました。
ブログをやるからには、毎日更新しなきゃとやる前には、自分に言い聞かせていましたが、いざ初めてみると、これがかなり大変で難しいことが分かりました。
私的な日記は、「今日は書くことがないからやめよう」ってことができますが、ブログの場合、多くの方がみてくださっているので、なんとか頑張ることができたのです。
平均すると、ブログを見て下さる方は、1日50アクセスはあります。多い日では100を超え、過去には180なんてことも!
これが、モチベーションの源になっています。
コメントというリアクションがあるともっとやる気が高まりますので、ぜひどうぞ。
[PR]
by kano-cd | 2009-05-04 22:33 | ホームページのこと
ホームページ制作裏話 その8
昨日に続き、私達のホームページ(以下HPと表現)の制作について書きます。
今日で最後です。

HPの原稿は全て、Officeエクセルで原稿を作成し、Officeパワーポイントでレイアウトデザインをしていきました。

ホームページビルダーというソフトも持っていましたが、覚えるのに時間がかかり、また、自由なレイアウトがすぐにはできなそうだったからです。
仕事をしながらですし、写真の選定、大きさの調整、カラー調整や原稿文の推敲はかなりの時間がかかりました。

ある程度原稿ができた段階で、アドバンテージの社長さんにお会いしようと、名古屋の丸の内オフィスに伺いました。
五十嵐さんという方で、私と同じ名古屋工業大学卒(電気学科)で、私よりも2年後輩と若い方でした。
そんな偶然もあって親近感もわき、今回のHP制作を依頼しようと決めていました。

その後すぐに、見積もりをもらい、価格交渉した後、契約しました。
友人のT君の紹介、また同じ大学出身ということで、安くしていただきありがとうございます。

その後、さらに原稿の推敲を進め、アドバンテージさんによる、HP制作が始まりました。
まずは、トップページからです。
できあがったトップページのチェックバックを繰り返し、以降のページ制作も進みました。
全て完成するのに1ヶ月半くらいかかりました。

制作中、及び公開直後は、直接、五十嵐さんとやり取りをして、迅速な対応をしていただいて進めることができ、感謝しております。
ほぼ満足なホームページが完成し、うれしく思います。
しかし、HPは完成したらそれが最後ではなく、始まりなのです。
これからもブログと共に、随時更新していきますので、よろしくお願いします。
[PR]
by kano-cd | 2009-01-17 13:19 | ホームページのこと
ホームページ制作裏話 その7
昨日に続き、私達のホームページ(以下HPと表現)の制作について書きます。

今日は文章デザインについてです。
ラインとスクエア(四角)を多用し、モダンな印象を与えるように考えています。

各ページのコンテンツタイトル名の下などに共通して現れる、グレーの細い横ラインは繊細なデザイン性を感じさせるために使っています。

10のメリット、10のコンセプトなどの重要な数字にはスクエア(正方形)の濃グレーをかぶせ、強調しました。
その隣のテーマ文字にも帯状の薄グレーをかぶせました。
それによって、長い縦スクロールを番号ごとに、適度に分節化させました。
b0140276_9404971.jpg

見出し文やその下の説明文の文頭には、濃いブルーのスクエアの箇条書きマークを付け、見やすくしました。インデント(文字下げ)も行って見やすくしています。
文章デザインをスクエア■で統一しているのです。
b0140276_9481567.jpg

HPのタイトルを入れるヘッダー(ページの一番上の部分)には、事務所名ロゴを左端に入れ、右には、「空」の画像をバックに、キャッチコピーを入れました。
キャッチコピーの「空と自然を感じる開放感」をビジュアルでも表現したいと思ったからです。
また、本文の白いベースとはっきり分ける目的もあります。

左端の細かい文字の羅列は、かなり小さくて、薄いグレーなので読みにくいと思われるかもしれませんが、これはSEO対策(検索エンジン対策)のために入れた文字です。
なので、読む必要はあまりなく、目立たないように薄い色にしました。
各ページの内容に合わせて少しずつ変えてあり、検索予想キーワードをたくさん詰め込んであります。
このように自分なりにSEO対策も考えたHPにしています。

ページ右端列のナビゲーションのベースは薄いグレーとし、本文のベースの白とはっきり分けています。
コンテンツ名は、クールさを英単語(例えば Merit)で、親しみやすさ、わかりやすさを、その横に日本語訳(例えば メリット)を補助的に入れて表現しました。

ここの日本語フォントは、明朝体とし、本文のゴシック体に対し、目立たせる目的もあります。
ほとんどのフォントをゴシック体にしています。
小さな字の明朝体はHPの文章を長時間読むのには適していないからです。

英単語だけだと、かっこいいのですが、反面、全ての人が英単語の訳を理解しているわけではないし、クリックしないとどんなページに行くか分からないので、クリックをためらってしまうとこともあるのではと思いました。

長々とHP制作というテーマでブログを書いてきましたが、いよいよ次回が最終回です。
[PR]
by kano-cd | 2009-01-16 09:40 | ホームページのこと
ホームページ制作裏話 その6
昨日に続き、私達のホームページ(以下HPと表現)の制作について書きます。

今日はHPのデザインのカラーリング(配色)についてです。

住宅の事例集のページの写真の見栄えがいいように、白をベースに、淡いグレーのモノトーンの濃淡でまとめることにしました。
美術館の絵画などのアート作品は、普通、白い壁に掛けられ、天井や床も色づかいは抑えられ、アート作品を見るのに適していますよね。
それと同じことを考えました。モノトーンは上質感もあります。

またモノトーンベースは、住宅などのいろんなデザインの建物の画像写真を張リ付けても、違和感がなく、受け入れられるよさがあります。
私達の事務所の設計デザインは基本的には、建主の意向に沿って行うので、必然的にバリエーション豊かになります。
住宅デザインの方向性がかなり固まっている設計事務所の場合は、作風に合わせたHPデザインもありだとは思います。

本文の文字は、真っ黒ではなく、少しグレーになっています。お気づきになりましたか。
(ちなみにこのブログの文字は、真っ黒ですが・・・。ちなみにグレーに変えるとこんな色です。 exiciteブログを利用しているので、変えられる色のバリエーションが少なく、この色では薄すぎると思ったので、採用せず、黒にしています)
白いベースの上の文字がやらわかく感じられ、長時間読みやすいからです。
さわやかですっきりとした印象も与えます。

ただし、全部モノトーンにしてしまうと、メリハリがなく、注目してほしい文に目が行きにくくなってしまうので、アクセントに濃いレッドと濃いブルーの文字を入れました。
濃いレッドはサブテーマに、濃いブルーは見出し文に使っています。
派手にならず、深みがあり落ち着きのある、青と赤の色を慎重に選びました。
b0140276_122116.jpg

次回へ続く。
[PR]
by kano-cd | 2009-01-15 11:51 | ホームページのこと
ホームページ制作裏話 その5
昨日に続き、私達のホームページ(以下HPと表現)の制作について書きます。

今日はHPのデザインについてです。

上質でクールだけど、親しみやすく、長時間見ていて苦にならず、かといって無難ではないデザインにしたいと思いました。
ホームページ制作会社のアドバンテージさんにデザインもお願いする方法もありましたが、レイアウトやカラーリングなど細かい部分にいたるまで、全て自分でやりたいと思いました。
なので、このHPはちょっと素人っぽさが残っていると思われるかもしれません。

まずは、設計事務所のHPに限らず、デザイン事務所、自動車メーカーなどデザインを売りにしている会社のHPを見たり、WEBデザインの本を購入したり、図書館から借りたりして研究しました。
↓購入した書籍
b0140276_1019651.jpg

まず、見やすく操作しやすいレイアウトとして、オーソドックスに、タイトルを1番上のヘッダー部分に、ナビゲーション(各コンテンツへの案内)を左端に、本文を右としました。
さらに、各コンテンツのページが長いので、フッターにもナビゲーションを付けました。

exiciteブログを利用していますが、ブログも同じデザインの中でレイアウトできました。
よく、ブログだけ、exiciteなどのブログサイトに飛んでしまい、違ったページに飛んでしまったかのような印象を受けるHPがありますが、それは避けたいと思いました。
また、ブログも検索エンジンに引っかかるので、そこからトップページなどに行きやすいようにと考えました。

次回へ続く。
[PR]
by kano-cd | 2009-01-14 10:16 | ホームページのこと
ホームページ制作裏話 その5
昨日に続き、私達のホームページ(以下HPと表現)の制作について書きます。

トップページには、更新状況を示す、NewsやProjectをすぐわかる位置に配置し、何度も訪れていただけるリピーターの方に、HPのどこが変わったのか、進行中のプロジェクトは今、どうなっているのか、分かるようにしました。(申し訳ないですが、本業が忙しくてHPがあまり更新できていません。その代わりブログはほぼ毎日続けています。)

その隣には、自分達の家づくりについての考えを簡潔にまとめたMessageを配置しました。

他のコンテンツでは、Service/業務Process/流れも、私達の事務所のこと、仕事の進め方を理解していただくのには、欠かせないと考えていましたので、充実させました。

そういったコンテンツがない、設計事務所のHPもたくさんあり、そういう事務所は、お問い合わせしてきていただいた方に、口頭や紙の資料を使って、説明をすればいいという考えではないかと思われます。

しかし、私達はこういう情報は、「聞かなければ分からない」のではいけない、親切丁寧に説明し、依頼する側の立場に立って、少しでも不安を取り除くことができるようにしなければならないと考えました。

当初はFAQ(=Q&A)のコンテンツを設け、その中でService/業務Process/流れ の内容について説明する考えもあり、そのように原稿を書いていた時もありましたが、最後には、今のような形のほうが、分かりやすいと思い、変更しました。

実際、多数のお問い合わせをいただいておりますが、それらについての質問はほとんどありません。
訪問していただいた方へも、事前にHPを隅々まで見ていらっしゃることがほとんどなので、説明を省くことができ、本題にすぐ入れるという業務上のメリットもあります。
(内容のご確認のために補足説明させていただくことは当然あります。)

事務所に来ていただいても、事務所のパンフレット類はございません。
パンフレットに書くべき内容は全てHPに記載されていると思ってください。

HPを作る前はパンフレット的なものがありましたが、事務所名を変更したこともあり、現在は作っていません。経費削減にもなっています。

次回へ続く。
[PR]
by kano-cd | 2009-01-13 09:44 | ホームページのこと
ホームページ制作裏話 その4
昨日に続き、私達のホームページ(以下HPと表現)の制作について書きます。

HPの原稿を考えるのに一番、重要だと考えたことは、他の設計事務所のHPとの差別化です。
設計事務所の数は愛知県だけでも、相当あります。
全国でいったら、いったいどのくらいあるのか。
ちなみに電話帳のタウンページで見てみると、岡崎市の設計事務所だけでも、数十に上ります。

そのうちHPのない事務所、下請け専業の事務所もかなり多いと思いますが、少なくとも、HPをもっている設計事務所の中で、お施主予備軍の方に気に入って、見ていただき、勝ち抜くためには、よほど、住宅の作品性が優れているとか、HPでの見せ方がうまいとかがないと無理だと思います。

いくらSEO(検索エンジン対策)対策をして、上位表示されたとしても、中身がよくなければ、素通りされ、その先(お問い合わせ)につなげることはできません。

そこで、他の設計事務所のHPをたくさん見て研究しました。
そこで、感じたのは、ほとんどの設計事務所のHPは、単なる住宅の作品集・事例集になっているということです。
これは、HPを自分で作らず、HP制作会社まかせになっている事務所も多いからでは。

私達は、差別化のために、トップページ(HPの一番最初のページ=これが本当の「ホームページ」と呼ばれるものです)の構成にこだわりました。
yahoo!などの検索エンジンでの検索結果は、検索キーワードによっては必ずしも、トップページが表示されるとは限りませんが、トップページが表示される確率が最も高いのは確かです。

家を設計事務所に依頼したいと思う人は、たくさんのHPを見るために、トップページをまず見て、その先へ進むかどうか判断していると思います。

その時点で、「もっと見たい、先へ進みたい」と思っていただく必要があるのです。

通常、設計事務所のトップページには、住宅などの作品写真が載っていることがほとんどです。私達もこれは必要だと思います。

しかし、それだけでは差別化できないですし、単なる作品集ではないことをアピールするために、トップページに、自分達のPRしたいこと、特にいいたいことは箇条書きにして並べてしまおうと考えたのです。

トップページには、このHPの伝えたいことが、瞬時に分かることが重要だと思ったのです。

それが、「Merit/10のメリット」、「Concept/10のコンセプト」なのです。

これはSEO対策にもなるかなと思いました。
検索予想されるいろんなキーワードを含むからです。

事実、私達のHPの中の人気コンテンツの2位と1位です。
(アクセス解析をしているので、他にもいろんなことが分かります)

次回へ続く。
[PR]
by kano-cd | 2009-01-12 09:46 | ホームページのこと
ホームページ制作裏話 その3
昨日に続き、私達のホームページ(以下HPと表現)の制作について書きます。

原稿制作にとりかかったのは一昨年末です。
まずは、HPのコンセプトから考え始めました。

とかく、設計事務所や建築家という存在は、敷居が高いというイメージを一般の方は持っていることが多いので、シンプルで親しみやすいことが重要だと思いました。

見ていて、重苦しくなく、気軽に見れるけど、内容は読み進めるほど深くて、引き込まれる、そんなHPがいいかなと思いました。

HP開設を機に事務所名を変えるつもり(変えた理由は過去のブログへ)でしたので、その事務所名やロゴデザインを考える時間もかかりました。

試行錯誤の上、また、いろんな人からも意見を聞きながら、「KAN建築設計」から、「KANO空感設計」へHPのコンセプトも踏まえて改名したのです。

次回へ続く。
[PR]
by kano-cd | 2009-01-11 17:08 | ホームページのこと
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
事務所名に込めた思い
ブログ名に込めた思い
うちの事務所のこと
住宅計画
ホームページのこと
省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱
床下エアコン(床下暖房)
住宅
建築
「備える家/岡崎」
「通じる家/岡崎」
「平安光縁の家/幸田」
「大屋根中庭の家/岡崎」
「ダブルLハウス/岡崎」
「通る家/岡崎」
「つながる家/岡崎」
「集まる家/刈谷」
「ホワイトアクア/西尾」
「囲む家/安城」
「大屋根光庭の家/蒲郡」
「回廊の家/岡崎」
「元氣の家/豊川」
「自作自然の家/岡崎」
「空縁の家/豊橋」
「下山の光庭の家」
「刈谷の懐/廻の家」
「ダブルゲートハウス」
「星崎の宝箱の家」
「ツカズハナレズのHANARE」
「暮らせる蔵」
「南欧モダンの白い家」
店舗
「(仮称)Jカフェ」
リフォーム
「土岐の家リフォーム」
外構・庭
「広々デッキと斜め芝庭/岡崎」
コープ生協提携建築士
環境
建築材料
構造・地震
インスペクション(現況検査)
設備
インテリア
バリアフリー
建築家
建築見学・観光旅行
時事
ファミリー
プライベート
アート
野球・サッカー
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧