代表写真

夫婦でアットホームな
雰囲気でやってます。
Profileへどうぞ

一級建築士事務所 KANO空感設計 KANo cooKAN design

〒444-2117   愛知県
岡崎市百々西町 13-13

TEL  0564-26-3051
FAX 0564-26-3059

住宅・集合住宅・別荘
店舗・事務所・医院等
企 画・設 計・監 理

Contact / ご相談・お問合せ

カテゴリ:「(仮称)Jカフェ」( 35 )
「(仮称)Jカフェ」 祝 開店1年
私たちが設計監理し、昨年4月1日にオープンした、名古屋の喫茶店「(仮称)Jカフェ」へ行ってきました。
開店からもうすぐ1年です。あっという間に感じます。
こちらの過去ブログでインテリア写真を掲載しています。

カウンター席に座り、マスター(お施主様)とおいしいコーヒーとお勧めのワッフルをいただきながら、お話をしました。
コーヒー豆の値上げが相次ぎ、大変だそうです。

オスモ自然塗装のカウンターや杉板の腰壁、無垢のクリのフローリングはきれいなままです。
日本オスモウォッシュアンドケアーというお手入れ液で、クリーニングしていて、メンテナンスが楽だそうです。
色漆喰の壁や天井は、何年も前から、存在していたかのような、風合いを醸しだしていました。
[PR]
by kano-cd | 2011-03-31 17:45 | 「(仮称)Jカフェ」
「(仮称)」Jカフェ」に寄りました
私たちが設計監理し、4月にオープンした名古屋の喫茶店「(仮称)」Jカフェ」へ行ってきました。
こちらの過去ブログでインテリア写真を掲載しています。

カウンター席に座り、マスター(お施主様)とお話をしました。
聞いてみると、いまだ、店舗広告のある、まち情報誌などに掲載したり、やチラシの類は、まいていないとのことなので、あえて、店名を伏せておきます。
広告せずとも、多くの固定客がついてくださったので、毎日とても忙しいそうです。
よかったです。

ドイツ製の自然塗装であるオスモカラーで、無垢のクリのフローリングや杉の腰壁、パイン材のカウンターなどを塗装してありますが、きれいなままでした。
再塗装はしておらず、汚れた箇所は水ふき程度で済むそうです。

壁や天井の色しっくいも、いい雰囲気を保っていました。
ちょっと暗めの電球色の照明もいい感じです。

BOSEスピーカーから流れる雰囲気のいい音楽と、おいしいコーヒー(キリマンジャロを注文)で癒されました。

行ってみたい方は、私たちの事務所に来てくだされば、お店をお教えします。
[PR]
by kano-cd | 2010-09-16 10:13 | 「(仮称)Jカフェ」
「(仮称)Jカフェ」へ訪問
4月1日にオープンした名古屋の「(仮称)Jカフェ」へ行ってきました。
開店してからは初めてです。
開店祝いのお花がたくさん届いていました。
私も弟、妹との連名で、観葉植物を贈りました。
b0140276_185395.jpg

たまたま来客がなかったので、カウンター席に座り、おいしいコーヒーをいただきながら、マスター(お施主様)から、開店してからの状況をいろいろとお聞きしました。
昼間は、めちゃくちゃ忙しいそうです。
b0140276_18143518.jpg

カウンター席のイスは、お年寄が多いという客層を考慮して、バーのように座面の高いハイチェアにせず、ホール床面を上げることにより、マスターとの自然な会話を楽しむことができるようになっています。
イスとイスの間隔もゆとりがあります。
b0140276_1865313.jpg

思いのほか、好調なすべりだしで、毎日いらっしゃる固定客もつき始めたそうです。
みなさん、コーヒーがおいしいし、落ち着いた雰囲気で、居心地がいいとおっしゃってくださるそうです。
オリジナル設計のイスも、座りごこちがいいとの評判でうれしいです。
b0140276_1885681.jpg

こちらはテーブル席のスツール(背もたれなしのイス)ですが、こんなふうに、動かすこともできます。
設計コンセプトであった、ノスタルジーを感じさせるような、ライトなレトロ感覚になったように思います。
b0140276_1810367.jpg

お話をしていると、マスターのご友人たちが来客として訪れました。
私も以前、工事中に顔を出していただいたので、知っていた方です。
その方たちも交え、マスターとおしゃべりしました。
マスターは手を動かしながらですけどね。
やることがいっぱいあるそうです。

今後のますますのご発展と繁盛を祈念いたします。
[PR]
by kano-cd | 2010-04-10 18:22 | 「(仮称)Jカフェ」
「(仮称)Jカフェ」祝開店!
今日、4月1日は「(仮称)Jカフェ」の開店です。
ご念願の喫茶店の開店おめでとうございます。

私の弟と妹の偶然のつながりがきっかけでお施主様と出会ってから、5ヶ月ほどたちました。
短期間の設計も大変でしたが、工事に入ってから、解体してみてびっくりということもありましたし、思わぬ設計変更もありました。
弟や妹に手伝ってもらって、壁の色しっくいを塗ったり、塗装をお手伝いしたりもしました。

ここまでようやく、たどりつき、感慨深い思いです。

サイレントオープンといって、ひっそりと開店するのが、理想的とのことで、チラシをまいたりしていないとのことです。
お客様が殺到し、十分なサービスができないと、かえってがっかりさせてしまって、次回の来店につながらないからです。

そういう趣旨なので、あえて店名や場所は、公開しないでおきます。
(こんな私のブログでも、1日150~200のヒットがあるので)
[PR]
by kano-cd | 2010-04-01 17:48 | 「(仮称)Jカフェ」
「(仮称)Jカフェ」開店前
名古屋の「(仮称)Jカフェ」の「お店」へ。
お施主様工事も終わり、もう現場とは呼べず、「お店」になっていました。
b0140276_100360.jpg

イタリア直輸入のエスプレッソマシンなどが搬入されました。
オリジナルオーダーのイスやスツールも運び込まれていました。
もうすぐ開店です。
[PR]
by kano-cd | 2010-03-30 19:14 | 「(仮称)Jカフェ」
「(仮称)Jカフェ」の床、腰壁のオスモ塗装
名古屋の「(仮称)Jカフェ」の現場へ。
b0140276_112552.jpg

無垢のクリ材フローリングの床と、無垢の杉板の腰壁にドイツ製自然塗料のオスモカラーが塗られました。
写真では、よさが伝わらないかもしれませんが、「本物」の持つ深い味わいがあります。
b0140276_1131010.jpg

無垢のクリ材フローリングは木目がすばらしく、きれいで、高級感があり、薄っぺらな印象がありません。
「分かる」人が見れば、「分かる」素材です。
b0140276_1152688.jpg

↑先日、私が塗った色しっくい壁は、こんなかんじにいい風合いに固まっています。
お施主様による工事もあと少しで終わります。
[PR]
by kano-cd | 2010-03-25 11:07 | 「(仮称)Jカフェ」
「(仮称)Jカフェ」の自然塗料塗り
「(仮称)Jカフェ」の木部の自然塗料塗りのお手伝いをしてきました。
使っている塗料は、ドイツ製のオスモカラーです。
日本で一番有名なドイツ製塗料です。
他にはリボス、アウロ、プラネットカラーなど有名自然塗料は、ほとんど環境先進国のドイツ製です。
カーマにはないですが、ホームセンターにも置いてあるところがあり、岡崎の戸崎元町のハウズにも置いてありました。
b0140276_1054188.jpg

日本オスモのホームページを見ていたら、丸亀製麺という讃岐うどんチェーンの内外装に使っていると知りました。そのニュースはこちら
最近、うちの事務所の近くに店舗ができたので、行ってみました。
つやのない、ナチュラルないい感じでした。
最近、讃岐うどんにはまっていて、ここもおいしかったです。

前置きが長くなりましたが、ここから、実際の塗装の様子をお伝えします。
b0140276_9411727.jpg

↑まずは、塗りたくない部分にマスキングテープという張ってはがせるテープを張ります。
b0140276_9422177.jpg

↑紙やすり(サンドペーパー)#240を木材に巻きつけ、木部表面を研磨します。
b0140276_9441460.jpg

↑木の粉をタオルなどで、ふきとります。
b0140276_9445065.jpg

↑オスモカラーを刷毛の先端に少し付け、塗りのばしながら塗っていきます。
10分ほどしたら、タオルなどで、余分な塗料をふき取ります。
12時間乾燥し、2回目を塗ります。
さらに12時間乾燥し、表面強化のためのクリヤーを塗ります。
(今回は店舗なので、計3回塗りましたが、住宅なら2回でOKです)

手間ひまかかりますが、ウレタン塗装など化学系の塗料にはないよさがあります。

1.木部表面に膜を造るウレタン塗装に比べ、自然塗装は、木部に浸透するので、本来の木のもつぬくもりや吸放湿性を生かせ、自然の木の美しさを表現します。

2.有害化学物質を含んでいない無公害で、幼児がなめることが想定される、木のおもちゃに塗っても安心なほどです。

3.塗りむらや塗装の割れやめくれ、ふくれがおきません。
素人でも塗れます。

4.メンテナンスの再塗装の場合、ウレタン塗装の場合は、きれいにやるには、一度全ての塗料をはがさないといけませんが、自然塗装は、塗り重ねることができます。
部分補修しても、めだちにくいです。

5.撥水性能があります。植物油主体ですので、動物性ワックスに比べ、変色がありません。
岡崎の「ツカズハナレズのHANARE」では、木のキッチンカウンターの塗装にオスモカラーを採用しています。

以上のように、多くのメリットがあります。
[PR]
by kano-cd | 2010-03-20 09:58 | 「(仮称)Jカフェ」
「(仮称)Jカフェ」の色しっくい塗り
日曜日は、その後、名古屋の「(仮称)Jカフェ」の現場へ。
壁の色しっくい塗りをお手伝いしました。
b0140276_14195273.jpg

↑塗る前の下地は、以前のテナントの既設ビニルクロスです。
b0140276_14211975.jpg

↑色しっくいは、日本プラスター製の「うま~くヌレール」をお勧めしました。
バケツのような容器に入っていて、自分でこねる手間がなく、ビニルクロス下地でも、素人が簡単に塗れます。ホームセンターのカーマで売っています。
カーマで実演があるという情報を入手して、お施主様に行ってきてもらいました。
b0140276_14255398.jpg

↑壁はオレンジを採用しました。なんだかアイスクリームみたいでおいしそうです。
b0140276_14305922.jpg

↑板の上に、おたまで、すくいとって2~3玉分乗せます。
b0140276_14372677.jpg

↑プラスチックのコテも、「うま~くヌレール」の専用コテがカーマに売っています。
b0140276_14384974.jpg

↑塗り終わった状態。乾くと色が薄くなります。
[PR]
by kano-cd | 2010-03-18 14:39 | 「(仮称)Jカフェ」
「(仮称)Jカフェ」の施主工事お手伝い
土曜日に、名古屋の「(仮称)Jカフェ」の現場へ。
b0140276_10413146.jpg

↑お施主様施工による、壁や天井の色しっくい塗りと木部塗装が行われています。
工事のお手伝いをしようと、今回のお店づくりに携わるきっかけとなった、弟と妹にも来てもらいました。
お施主さんもうちの兄弟も、みんなそんなことはやったことがない素人ですが、簡単に施工できる建材を私から提案したので、素人でもやれるのです。
b0140276_1043386.jpg

↑弟です。
b0140276_1045954.jpg

↑妹です。
b0140276_10491676.jpg

↑妹が塗ったテーブルです。とても素人が塗ったと思えない出来栄えです。
ドイツ製の自然塗料オスモカラーを塗っています。
一般的には、木部にはウレタン塗装をすることが多いのですが、塗り替えなどのメンテナンスがしにくいので、自分でメンテナンスできる自然塗装をお勧めしました。
健康にもいいですし。
[PR]
by kano-cd | 2010-03-16 10:54 | 「(仮称)Jカフェ」
「(仮称)Jカフェ」のしっくい下地処理
名古屋の「(仮称)Jカフェ」の現場へ。
壁と天井は、お施主さん工事による、着色しっくい塗り仕上げなのですが、下地処理として、石膏ボードの継ぎ目やビス穴部の周辺にパテ処理を行っていました。
b0140276_1651724.jpg

[PR]
by kano-cd | 2010-03-11 23:24 | 「(仮称)Jカフェ」
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
事務所名に込めた思い
ブログ名に込めた思い
うちの事務所のこと
住宅計画
ホームページのこと
省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱
床下エアコン(床下暖房)
住宅
建築
「平安光縁の家/幸田」
「通じる家/岡崎」
「大屋根中庭の家/岡崎」
「ダブルLハウス/岡崎」
「通る家/岡崎」
「つながる家/岡崎」
「集まる家/刈谷」
「ホワイトアクア/西尾」
「囲む家/安城」
「大屋根光庭の家/蒲郡」
「回廊の家/岡崎」
「元氣の家/豊川」
「自作自然の家/岡崎」
「空縁の家/豊橋」
「下山の光庭の家」
「刈谷の懐/廻の家」
「ダブルゲートハウス」
「星崎の宝箱の家」
「ツカズハナレズのHANARE」
「暮らせる蔵」
「南欧モダンの白い家」
店舗
「(仮称)Jカフェ」
リフォーム
「土岐の家リフォーム」
外構・庭
「広々デッキと斜め芝庭/岡崎」
コープ生協提携建築士
環境
建築材料
構造・地震
インスペクション(現況検査)
設備
インテリア
バリアフリー
建築家
建築見学・観光旅行
時事
ファミリー
プライベート
アート
野球・サッカー
以前の記事
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧