代表写真

夫婦でアットホームな
雰囲気でやってます。
Profileへどうぞ

一級建築士事務所 KANO空感設計 KANo cooKAN design

〒444-2117   愛知県
岡崎市百々西町 13-13

TEL  0564-26-3051
FAX 0564-26-3059

住宅・集合住宅・別荘
店舗・事務所・医院等
企 画・設 計・監 理

Contact / ご相談・お問合せ

シュタイナー建築って何? バウビオロギーって何?
設計中の「南欧モダンの白い家」の豊橋のU様と打合せしました。

その打合せの直前に、奥様から「シュタイナー建築って何?」との質問メールを受けており、関心を持っていらっしゃるとのことで、その説明をしました。
もともと自然素材を使ったシックハウスのない家を希望されており、いろいろ調べているうちに、「シュタイナー建築」に行き着いたそうです。

初めて聞く言葉と思われる方がほとんどだと思います。
私自身は、学生時代から、シュタイナーは建築家としては知っておりました。
ドイツのルドルフ・シュタイナーという人智学者・建築家で、1928年スイスに建てた第二ゲーテアヌムというシュタイナーを信奉する人たちが利用する、講堂や、図書館、劇場の複合施設が有名です。
b0140276_9181738.jpg

多面を組み合わせたような、造形的、彫刻的で有機的な形状をしています。内部も装飾的なデザインです。
世界初の大規模なコンクリート打放し仕上げの建築といわれています。
しかし、私はそれしか知りませんでした。

そこで、調べてみることにしました。
すると、シュタイナーは教育者であり、現在では、全世界にシュタイナー学校と呼ばれる、独自の教育方針を持った学校等が多く存在することが分かりました。日本にもあります。
その学校施設に共通するのは、木、しっくい、大理石、テラコッタタイルなどの自然素材を多用しているということです。
日本では、シュタイナーの建てた第二ゲーテアヌムのようなデザインを踏襲しているわけではなく、木造施設も建てられています。

さらに調べると、日本のシュタイナー建築の研究者が前橋工科大学の石川恒夫先生であり、シュタイナー学校施設等の設計もされていました。

先生は日本におけるバウビオロギーという建築生物学研究の第一人者でもあり、日本バウビオロギー研究会の発起人でもあります。
私は、バウビオロギーとシュタイナー建築との共通点を見出せるのではと考えています。

バウビオロギーとは、ドイツで1960年代に生まれた考え方で、ドイツ語の「建築=バウ」+「生命=ビオ」+「学問=ロゴス」を組み合わせた造語です。
バウビオロギーは健康や環境に配慮した人間味あふれた、「巣」としての住まいづくりを目指しています。
エコロジーと似ていますが、ちょっと違います。

日本でバウビオロギーの考えにもとづく家づくりをしている有名な建築家として、以前から、秋田県の西方設計の西方里見さんを知っていました。

以下、西方設計ホームページからの抜粋

エコロジーは地球全体や地域との環境共生ですが、バウビオロギーはエコロジーの中で家屋を中心とした室内・外環境の狭い範囲に絞られています。
もっと端的に言うと、エコロジーは地球に負荷をかけない、バウビオロギーは人(本人と家族)に負荷をかけないことになります。
環境ホルモンや化学物質過敏症などに配慮された考え方です。

[PR]
by kano-cd | 2009-05-18 09:53 | 「南欧モダンの白い家」
<< 「暮らせる蔵」 黒い天井 名古屋の方とフリー相談 >>
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
事務所名に込めた思い
ブログ名に込めた思い
うちの事務所のこと
住宅計画
ホームページのこと
省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱
床下エアコン(床下暖房)
住宅
建築
「備える家/岡崎」
「通じる家/岡崎」
「平安光縁の家/幸田」
「大屋根中庭の家/岡崎」
「ダブルLハウス/岡崎」
「通る家/岡崎」
「つながる家/岡崎」
「集まる家/刈谷」
「ホワイトアクア/西尾」
「囲む家/安城」
「大屋根光庭の家/蒲郡」
「回廊の家/岡崎」
「元氣の家/豊川」
「自作自然の家/岡崎」
「空縁の家/豊橋」
「下山の光庭の家」
「刈谷の懐/廻の家」
「ダブルゲートハウス」
「星崎の宝箱の家」
「ツカズハナレズのHANARE」
「暮らせる蔵」
「南欧モダンの白い家」
店舗
「(仮称)Jカフェ」
リフォーム
「土岐の家リフォーム」
外構・庭
「広々デッキと斜め芝庭/岡崎」
コープ生協提携建築士
環境
建築材料
構造・地震
インスペクション(現況検査)
設備
インテリア
バリアフリー
建築家
建築見学・観光旅行
時事
ファミリー
プライベート
アート
野球・サッカー
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧