代表写真

夫婦でアットホームな
雰囲気でやってます。
Profileへどうぞ

一級建築士事務所 KANO空感設計 KANo cooKAN design

〒444-2117   愛知県
岡崎市百々西町 13-13

TEL  0564-26-3051
FAX 0564-26-3059

住宅・集合住宅・別荘
店舗・事務所・医院等
企 画・設 計・監 理

Contact / ご相談・お問合せ

安城市の大池調整池(明治用水の調整池) 見学

前回ブログの続きで、明治用水会館の隣の水のかんきょう学習館」を見学したことを書きましたが、それらの隣に大きな池があります。
大池調整池であり、池の西側を地下で流れる雨水幹線や明治用水の調整池となっていて、周辺は公園化されています。

b0140276_17542183.jpg
b0140276_17522124.jpg
b0140276_17525118.jpg

大雨の時に雨水をたくわえ、雨がやんでから、放流し、下流の浸水被害を防止します。

b0140276_17545172.jpg

たくさんの仏像が池のまわりに等間隔で並んでいました。

大池一周600mを四国に見立て、弘法大師と八十八ヶ所のお寺の御本尊像をお祀りしてあり、お参りが出来ます。

b0140276_17532180.jpg

例えば、こちら、第六十ニ番 宝寿寺 愛媛県の宝寿寺のホームページ

b0140276_17535191.jpg

池を一周するとご利益ありそうですが、この日は雨だったので、また今度。
ちなみに、北海道テレビ放送の人気番組「水曜どうでしょう」(若き頃の俳優の大泉洋さんが出演)のファンでして、四国八十八ヶ所巡礼編を見たことがきっかけで、興味がわき、お寺めぐりが好きなこともあり、いつか四国巡礼に行きたいと思っています。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-27 14:53 | 建築見学・観光旅行
「備える家/岡崎」仮住まい先への手摺を設置のための下見
設計した建て替え住宅である「備える家/岡崎」の既設家屋の解体がもうすぐ始まります。
仮住まい先に、バリアフリーのためにトイレや玄関や廊下等に、手摺を設置することになり、工務店と一緒に下見に行ってきました。
一部は移設する手摺もあります。
新居もバリアフリー住宅ですが、バリアフリー設計をすることが多く慣れているので、どこに、どんな種類(縦、横、太さ、形状、色等)の手摺がどれくらいの長さ、設置高さが必要かという提案をその場でして、さっそく工務店に見積依頼をしました。迅速な対応が必要です。
仮住まい先は、玄関とホールとの段差が240と大きく、トイレや洗面室、浴室など段差も多いです。
玄関とホールとの段差解消には、踏み段を提案しました。
トイレは、ミニスロープを付ける案も話しましたが、介助前提で考え、採用しないことになりました。
注意しないと、かえって危険なこともありえます。

[PR]
# by kano-cd | 2017-11-27 13:42 | 「備える家/岡崎」
安城市の「水のかんきょう学習館」 見学

前回ブログの続きで、明治用水会館を見学した後、隣に建つ水のかんきょう学習館」を見学しました。

ここでは、明治用水のことをより、深く知ることができます。
水土里ネット明治用水のホームページでも調べることができます。

b0140276_17103963.jpg
b0140276_17012405.jpg

館内に入ると、幕末の明治用水の発案者である、都築弥厚の胸像が出迎えてくれます。

b0140276_17015443.jpg
b0140276_17130863.jpg

館内はこうした展示パネルや写真での説明が中心です。展示パネルは分かりやすく読みやすいので、最初から全て見ていくと、いいです。
矢作川に住む川魚の水槽(右手側)もあります。濁っていますが、明治用水の水を水槽に入れています。

b0140276_17150651.jpg

↓円形の台の上にあるのは、測量に使った道具です。

b0140276_17170805.jpg
矢作川に設けた頭首工(用水の取り入れ口)で使われた、長七たたきと呼ばれる人造石もありました。
碧南の服部長七の発明工法です。全国で港などでも採用されました。

b0140276_17142295.jpg
明治用水の幹線ごとや支流などボタンを押して点滅させて、流れる位置がどこかをわかりやすくする、展示マップがありました。
この写真は明治用水の幹線のボタンを押した時のものです。真ん中の西井筋の先は、矢作川底をパイプラインで通し、西尾市内で、西城用水と呼ばれ、寺津町の平坂入江(三河湾につながる)まで流れています。
b0140276_17220090.jpg

都築弥厚ら、明治川神社(過去ブログ)などに祀られているような、先人の偉大な功績によって、この西三河地域の農業や工業の発展のもととなったことを考えると感謝の気持ちと感慨深い思いでいっぱいになりました。

b0140276_17213042.jpg

明治用水のことを調べると、豊田市の枝下(しだれ)用水(水土里ネット豊田のホームページ)や、矢作川用水、東三河での豊川用水、尾張や知多での愛知用水など、長大用水が愛知県には大変多いことが分かります。

次回に続く。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-26 17:00 | 建築見学・観光旅行
安城市の明治用水会館 見学 その3

前回ブログの続きです。
明治用水会館の中に入りました。

ホールの床タイルに、西三河の巨大な航空写真が印刷されています。

b0140276_15060690.jpg

明治用水の恩恵を受けている地域全域です。

豊田市、安城市、岡崎市、西尾市、知立市、刈谷市、高浜市、碧南市の8市ですが、最も恩恵を受けているのは安城市で、日本デンマークと呼ばれ、農畜産業の大発展をとげます。

b0140276_15062053.jpg

用水は矢作川が水源で、頭首工(用水の取り入れ口)が豊田市の水源公園付近にあり、矢作川右岸から明治本流が流れ、途中で、東井筋へ別れ、明治本流の先は、中井筋、西井筋に分かれています。井筋とは幹線のことで、そこから、さらに多数の支線に分かれています。

こちらの明治用水マップが分かりやすいです。

b0140276_15064322.jpg

東井筋は刈谷市の衣浦湾の最北部付近へ、中井筋は高浜市の衣浦湾の衣浦大橋の少し北へ、西井筋は、矢作川の上を渡り(現在は矢作川底にパイプライン化)、西尾市寺津町の三河湾につながる平坂入江の最北部付近へ流れています。

明治期にできた上記の幹線以降に、矢作川左岸からは本流とは全く別ルートで、岡崎市北部の細川町を通り、矢作川底を通り、北野町を通る、北野幹線もあります。

昔の西三河全域の様子をあらわした、立体模型もありました。

b0140276_15082761.jpg

用水だけでなく、かつて存在した鉄道も表現してあり、興味深いです。

西尾駅と岡崎新駅(岡崎駅東)を結んでいた、西尾鉄道(旧名鉄西尾線)昭和37年に廃止。↓

b0140276_15083169.jpg

岡崎駅から、井田駅(岡崎市)までの名鉄岡崎市内線昭和37年に廃止
そこから豊田市の上挙母駅を結んでいた、名鉄挙母線。
昭和48年に廃止。↑

碧南駅から吉良吉田駅(西尾市吉良町)までや猿投駅(豊田市)から西中金駅までの名鉄三河線(南のほうは、廃線直前に、子供たちと乗りに行きました)平成16年に廃止

明治用水会館のもとである、明治用水土功会事務所は、先日、行った、知立市の知立神社(過去ブログ)の境内にあります。
松尾芭蕉の句碑の前に建っています。

b0140276_15244644.jpg

明治18年築の建物で、「養正館」と名付けられており、愛知県での陸軍大演習の時には明治天皇の休憩所となったところで、その記念碑も立っています。

外側から斜めの鉄骨で倒れないように耐震補強してありました。

b0140276_15245161.jpg

次回に続く。次回は隣にたつ、水のかんきょう学習館です。明治用水会館ではここでとりあげたものくらいしか展示がないのですが、学習館には、明治用水のことを深く知ることができます。
[PR]
# by kano-cd | 2017-11-25 13:39 | 建築見学・観光旅行
安城市の明治用水会館 見学 その2

前回ブログの続きで、明治用水会館の見学です。

b0140276_00080764.jpg
明治用水会館の前に、記念碑がありました。
b0140276_00081046.jpg

昨年、明治用水が、世界かんがい施設遺産に登録されたのです。

b0140276_01150155.jpg
そういう遺産制度があることを知りませんでした。
2015
年から始まった制度です。47の遺産登録のうち、27が日本の遺産です。
これは、いかに日本の遺産が世界的に見ても素晴らしいものなのかを示します。
愛知県では、犬山市の入鹿池(明治村のすぐ脇)が、2015年に登録されています。
100
年以上経過していることが条件なので、愛知用水や豊川用水もすごい工事だと思いますが、時代が新しいので対象外です。
豊田市の枝下(しだれ)用水は、明治用水のすぐ後に建設されたので、対象になります。
申請しましたが、ダメでしたが、来年以降も申請チャレンジするそうです。
枝下用水のことを調べましたが、登録に値する用水だと思います。
明治用水がメジャーすぎて、マイナーな枝下用水は、豊田市の人は知っているかもしれませんが、西三河でも、少ないと思われます。
私もつい最近までそうでしたし。
枝下用水のことを知ったのは、114日に開催された、登録有形文化財の特別公開で、豊田市の建物を見てまわった中で、
豊田市近代の産業とくらし発見館で知ったのです。
この建物見学については、過去ブログ(愛知県内の古建築や近代建築物等の国登録有形文化財の特別公開 豊田市見学 その2 「豊田市近代の産業とくらし発見館(旧・愛知県蚕業取締所第九支所)

昨年、皇太子殿下、雅子妃殿下もいらっしゃいました。光栄なことです。
b0140276_00081519.jpg
b0140276_01084391.jpg

敷地内には、明治用水の顕彰碑と開発や発展にかかわった方の銅像が2つあります。

b0140276_00080255.jpg


左の胸像は、2代目市長の石原一郎です。長年にわたって明治用水土地改良区理事長をつとめ、明治用水の基礎を築きました。
b0140276_01135484.jpg
測量の基準点や、用水を支流へ引き込む立切がありました。
b0140276_01194673.jpg
明治用水が、川のような状態から、地中埋設のパイプライン化され、不要になった橋のたもとにあったと思われる橋名を刻んだもの。
b0140276_01195002.jpg
次回に続く。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-24 00:59 | 建築見学・観光旅行
安城市の明治用水会館 見学 その1
安城市に住宅設計の敷地調査に行きました。
先日、行った、明治川神社(過去ブログ)明治用水(過去ブログ パイプライン化させれていて、上部は遊歩道です)を見学して、明治用水に興味を持ちました。
そこで、JR安城駅近くの、明治用水会館に行きました。
以前、住宅設計の調査で、行ったことがあったのですが、新しく建て替わっていて、驚きました。
b0140276_00082275.jpg
コンクリート打ち放しとレンガ調タイル張りのデザインがかっこいいです。
3つの大きな庇が水平ラインを強調しています。
b0140276_00081846.jpg
窓は上下にランマ部分が分かれていて、その間にアルミ製白焼付塗装と思われる小さめの庇がアクセントになっています。
夏の光を遮りながら、反射光で、天井面を明るくする効果があります。ライトシェルフ(直訳すると光庇)と呼ばれるものです。
地中熱を利用した空調システムが採用されており、エコです。
b0140276_00415322.jpg
地中熱は外気温の温度変化に比べ、一年中温度変化が少ないので、その温度差を利用しています。
住宅でも、地中熱利用を考慮したエコ設計をすることは可能です。
長野市へ地熱住宅を見学に行ったことがあります。
過去ブログで3回に分けて書いています。
愛知県でも見学会に行ったことがあります。

次回に続く。

[PR]
# by kano-cd | 2017-11-23 23:36 | 建築見学・観光旅行
安城市の明治用水「明治本流」見学

前回ブログの続きで、明治川神社の近くの明治用水のメイン幹線である明治本流の見学です。

明治用水は広域に配水するために、明治本流と呼ばれるメイン幹線の他に、別に複数の幹線があります。このうち、明治川神社の近くにあるのは、明治本流です。

建設当時は川のような用水路だったのですが、現在では、暗渠化され、上部に盛り土されて、遊歩道になっています。

b0140276_11194593.jpg
暗渠化された断面図ですが、薄くなってしまっていて、わかりにくいです。
b0140276_11200761.jpg

公園のように遊具があるところもあります。

b0140276_11201956.jpg

ジョギングやウォーキングをしている方がたくさんいました。

知らない人や説明がなければ、この直下を水が流れているとは気づかないでしょう。地元の人は当然知っているでしょうが。

b0140276_11194880.jpg
明治用水越しに、さきほど、見学した明治川神社の北の鳥居が見えます。
b0140276_11195604.jpg

神社のすぐ北には、複数の記念石碑がありますが、文字が読み取れないものが多かったです。

b0140276_11200397.jpg
b0140276_11195971.jpg
b0140276_11201151.jpg

国道1号線まで歩いて行ってみました。ところどころに、メンテナンスハッチや換気口があります。

b0140276_11195291.jpg

用水はその先へも伸びており、遊歩道は国道1号線をくぐって続いていました。

b0140276_11201586.jpg
周辺には、大きな工場も多く、農業用だけでなく、工業用にも役立っています。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-22 11:18 | 建築見学・観光旅行
安城市の明治川神社見学 水の神様と明治用水建設の功労者を祀る神社

住宅設計の敷地調査に安城市へ。

明治時代に作られた、明治用水は、豊田市の矢作川の水源公園付近の頭首工から、西三河南西部一帯に延びる農業、工業用の用水路です。

豊田市、安城市岡崎市西尾市南市高浜市刈谷市知立市に水を供給しています。

岡崎市内にも別の幹線ルートで、北野幹線という名で流れていることを知りました。

明治時代の「明治」の名前を冠するほど、大規模な事業でした。

明治用水(明治本流)の完成を記念して、1885年に建立された明治川神社には、水に関係の深い3柱の神様と、都築弥厚、伊豫田与八郎、岡本兵松という明治用水建設の功労者3人とともに、枝下(しだれ)用水功労者の西沢真蔵も祀られています。

先日、豊田市の建築見学に行った時に知ったのですが、豊田市からは、枝下(しだれ)用水もあり、明治時代に、かなりの苦労をして建設されました。
その時の過去ブログ
「愛知県内の古建築や近代建築物等の国登録有形文化財の特別公開 豊田市見学 その2 「豊田市近代の産業とくらし発見館(旧・愛知県蚕業取締所第九支所)」

安城市はその後、「日本デンマーク」と呼ばれるように、農業が発展していきます。

南の鳥居(北からの参道前にも鳥居があります)

b0140276_10500500.jpg

太鼓状の神橋のかかる神池の先に、拝殿があります。

b0140276_10492114.jpg

池の中のモニュメントは笠をかぶった農民のイメージです。

b0140276_10492520.jpg

立派な拝殿です。

b0140276_10493227.jpg
b0140276_10493714.jpg

奥に見えるのが、本殿。

b0140276_10494317.jpg

神楽殿

b0140276_10542596.jpg
b0140276_10550894.jpg

隣に建つ伊佐雄神社には、明治用水関係者ではない池や川や他の用水など、水にまつわる方々も祀られています。それもみな、存命中にです!

ずいぶん低い鳥居です。

b0140276_10585185.jpg
北の鳥居
b0140276_10495955.jpg

次回ブログは、近くの明治用水のメイン幹線である明治本流の見学です。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-21 10:42 | 建築見学・観光旅行
天恩寺(重要文化財)の隣の八幡宮見学 珍しい石垣や石積基礎

前回のブログの続きです。岡崎市旧額田町の天恩寺の隣の八幡宮の見学です。

b0140276_22090265.jpg
八幡宮や地域名を付けた八幡宮と呼ぶ神社は全国にたくさんあります。
岡崎では、伊賀町の伊賀八幡宮や八幡宮(上地)、八幡宮(土呂)が重要文化財です。
前回のブログで書いたように、天恩寺の石垣と同様に、隣に建つ八幡宮の石垣も珍しいです。
社殿の基礎や階段も同じ積み方の雲母片岩です。
b0140276_22091162.jpg
b0140276_22091987.jpg
b0140276_22092501.jpg
額田町各地に残る、イノシシ除けの猪垣も同様な石積で作られています。いつか見学に行きたいと思います。
万足平(まんぞくだいら)の猪垣は、愛知県指定文化財であり、有形民俗文化財です。岡崎きらり観光百選にも選ばれています。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-20 21:56 | 建築見学・観光旅行
岡崎市旧額田町の天恩寺(重要文化財)見学 足利尊氏の遺言で義光が創建し、徳川家康公の命を救った「家康公見返りの大杉」のある寺

住宅設計の敷地調査に岡崎市旧額田町へ。

新東名高速道路の岡崎東IC近くの天恩寺を見学しました。
仏殿(地蔵堂)と山門(日本最古の薬医門)が重要文化財です。日本最古の薬医門

鎌倉時代の承久の乱以降、三河は足利家一門の領地となり、足利尊氏の遺言で義光が創建しました。

1335年、矢作川の戦いで敗れた足利尊氏がこの地に敗退し、延命地蔵に祈願したところ、戦勝したためです。

風情ある階段を上がっていくと総門が見えます。 

b0140276_21183586.jpg

総門脇の三十三観音堂。数えると三十三体の観音様が鎮座しています。

b0140276_21214718.jpg

境内には杉の巨木が並び立ち壮観です。中でも、ひときわ大きい杉があり、「家康公見返りの大杉」と呼ばれ、岡崎市指定天然記念物です。

家康公が長篠の戦いに向かう途中、戦勝祈願に訪れた際、延命地蔵菩薩から、「家康、家康」と呼び止められ、ふり返ると大杉の影から、敵方の刺客が矢を差し向けるところだったのです。

命を救われた家康公は何度も馬上から見返り、戦場に向かいました。

b0140276_21194707.jpg

放生池にかかる太鼓状の石橋を渡った先に見えるのが仏殿です。放生池は禅宗の寺院で見られます。

b0140276_21224428.jpg

石垣が珍しく、この地に多い雲母片岩を積み重ねてあり、美しいです。

b0140276_21223955.jpg

寺を見学する前に、隣の八幡社(神社)を通っていきましたが、そこでも見られました。

薄い石は、石仏等の屋根や側板としても使っていて、珍しいです。

b0140276_21241988.jpg

右手には苔むした階段の先には水盤舎が見え、とてもいい雰囲気です。

b0140276_21260360.jpg

強い反りがある入母屋造、檜皮葺屋根の禅宗様の仏殿は、重要文化財です。

b0140276_21272268.jpg

軒は二軒扇垂木で大きく張り出しています。


b0140276_21272735.jpg
命地蔵菩薩を祀ってあります。
b0140276_21294104.jpg

仏殿と築地塀でつながる、山門(日本最古の薬医門)も要文化財です。

b0140276_21300114.jpg

家康公が長篠城へ向かう際に天恩寺で一泊した翌日、大杉の下まで来た時に延命地蔵に呼び止められ、大杉の影から矢を射る敵から寸前で身を守ったという逸話があります。家康公が長篠城へ向かう際に天恩寺で一泊した翌日、大杉の下まで来た時に延命地蔵に呼び止められ、大杉の影から矢を射る敵から寸前で身を守ったという逸話があります。

方丈

b0140276_21300723.jpg
なぜか、明治期の旧日本軍の絵が多数掲げられていました。お寺で初めて見ました。珍しいです。

足利家や家康しかり、明治以降も戦勝祈願の寺として崇拝されてきたからでしょうか。

b0140276_21315996.jpg
山門前の立派な松は、岡崎市指定名木です。
b0140276_21320533.jpg

大きくて立派な水盤舎

b0140276_21411582.jpg

鐘楼 格子のすきまから鐘が見えました。

b0140276_21412153.jpg

次回は隣の八幡社(神社)です。独特な石垣や尊厳高い雰囲気がよく、一緒に見るといいです。


[PR]
# by kano-cd | 2017-11-19 21:17 | 建築見学・観光旅行
カテゴリ
事務所名に込めた思い
ブログ名に込めた思い
うちの事務所のこと
住宅計画
ホームページのこと
省エネ・健康・エコハウス・高気密高断熱
床下エアコン(床下暖房)
住宅
建築
「備える家/岡崎」
「通じる家/岡崎」
「平安光縁の家/幸田」
「大屋根中庭の家/岡崎」
「ダブルLハウス/岡崎」
「通る家/岡崎」
「つながる家/岡崎」
「集まる家/刈谷」
「ホワイトアクア/西尾」
「囲む家/安城」
「大屋根光庭の家/蒲郡」
「回廊の家/岡崎」
「元氣の家/豊川」
「自作自然の家/岡崎」
「空縁の家/豊橋」
「下山の光庭の家」
「刈谷の懐/廻の家」
「ダブルゲートハウス」
「星崎の宝箱の家」
「ツカズハナレズのHANARE」
「暮らせる蔵」
「南欧モダンの白い家」
店舗
「(仮称)Jカフェ」
リフォーム
「土岐の家リフォーム」
外構・庭
「広々デッキと斜め芝庭/岡崎」
コープ生協提携建築士
環境
建築材料
構造・地震
インスペクション(現況検査)
設備
インテリア
バリアフリー
建築家
建築見学・観光旅行
時事
ファミリー
プライベート
アート
野球・サッカー
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧